アメリカの20歳アマが史上2人目の偉業 日本ツアーメンバー登録は「可能性ある」

ParOn.(パーオン) / 2018年7月22日 17時20分

史上2人目の快挙を達成したK・ギルマン 日本ツアー参戦は? センチュリー21レディスゴルフトーナメント(2018)(最終日) 写真・佐々木啓

<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 最終日◇22日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,518ヤード・パー72)>

アマチュアとは思えない圧勝劇だった。「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」最終日に栄冠を手にしたのは米国の20歳クリスティン・ギルマン。2012年「サントリーレディス」で優勝したキム・ヒョージュ(韓国)以来、史上2人目となるアマチュアでの初出場・初優勝のおまけつきだった。

首位と1打差の2位から出た最終日。「最初は少し緊張していた」と「全米女子アマ」を16歳で勝った実力者も少し浮き足立っていた。だが、1番パー5の2打目でグリーン近くまで運び“寄せワン”で楽々バーディを奪うと「気持ちが楽になった」。いきなり首位を走る小祝さくらに追いつく。

そして次の2番パー3が後に「ターニングポイントだった」。ティショットを左に曲げてグリーンをこぼしたが、アプローチを1.5mまで寄せてパーセーブ。「このセーブで自分のショートゲームを信じられるようになった。残りのホールでもピンを攻めていける」。

言葉通り、その後はこれまで以上に攻撃的なゴルフを展開。5番、7番とバーディを奪うと、8番で今大会最初のボギーをたたいたが、次の9番でまたしてもバーディ。単独首位に立つと、後半も3バーディ・1ボギーの危なげないゴルフでトータル17アンダー、気づけば2位以下に4打差をつけて逃げ切った。

「信じられない思いです。日本のツアーに初めて出場してまさかこんな結果になるなんて。言葉になりません」と喜びを語ったギルマン。現在はアラバマ大学でマーケティングを専攻している。尊敬する選手は「すごく練習熱心でゴルフ界に与えたインパクトがとても大きい」という理由でアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)。西コースと北コースの違いはあれど、同じ瀬田ゴルフコース(ソレンスタムはミズノクラシック)で優勝したのは面白い偶然である。

本人曰く持ち味は曲がらないショット。これまたアニカを彷彿とさせるようなタイミングの取り方から放たれる球は、飛距離は「250~60ヤードくらい」と目立つほどではないものの、「ゴルフを始めたときから曲がらない。OBを打った記憶がない」というほど精度が高い。また、敗れた小祝が「パットがとにかくすごい」と話したように、ここぞのクラッチパットを決められる気持ちの強さもストロングポイントの一つだ。

日本に来るのは今大会で4回目。2016年には新垣比菜らが出場した「トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL」で個人とチームのダブル優勝を成し遂げている。今回は“初めて”ゴルフコース以外の日本の文化を触れることに。京都へと赴き、座禅や着物を身にまとったり。「すごくいい文化だと思います。次は富士山と東京にいきたいですね」とすっかり親日家になったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング