チョン・インジが2年ぶりとなる米ツアー3勝目!畑岡奈紗は8位タイ

ParOn.(パーオン) / 2018年10月14日 16時52分

うれしい米ツアー3勝目! LPGA KEBハナバンク選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images

<LPGA KEBハナバンク選手権 最終日◇14日◇スカイ72GC・韓国(6,316ヤード・パー72)>

韓国で行われている米国女子ツアー「LPGA KEBハナバンク選手権」は全競技が終了。最終日に「66」を叩きだし、トータル16アンダーまで伸ばしたチョン・インジ(韓国)が2016年の「エビアン選手権」以来となる米ツアー3勝目を勝ち取った。

3打差の2位にはチャーリー・ハル(イングランド)。トータル12アンダーの3位タイには世界ランク1位のパク・ソンヒョン(韓国)、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ミンジー・リー(オーストラリア)の3人が入った。

初日に単独首位発進を決めたものの足踏みが続いていた畑岡奈紗は最終日に「67」のチャージ。スコアを5つ伸ばしてトータル10アンダーの8位タイでフィニッシュしている。もう1人の日本勢・上原彩子も4つ伸ばし、トータル1アンダーの37位タイで戦いを終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング