ホステス大会でアンダーパー発進のイ・ボミ まさかの記者に逆質問!?

ParOn.(パーオン) / 2018年10月18日 17時27分

アンダーパーで初日を終えたイ・ボミ 今日のラウンドで気になったことが… NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(2018)(初日) 写真・村上航

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 初日◇18日◇マスターズゴルフ倶楽部・兵庫県(6,528ヤード・パー72)>

ホステス大会を前に「まだ自信はあまりないですが、少しでも自信を持ってできるように。日曜日まで…ゴルフができるように…」と、か細い声で意気込んでいたイ・ボミ(韓国)。出だしの10番で3パット、次の11番もボギーと苦しい立ち上がりとなったが、終わってみれば4バーディ・3ボギーの「71」。1アンダー・35位タイで最初の18ホールのゴールテープを切った。

「連続ボギーから始まりましたが、スイングの感じは悪くなかったので“自信を持ってやればチャンスがくる”と思って我慢してできました」とボミ。今シーズン序盤は自信を失い、気持ちが落ちてスコアも崩れるというシーンも少なくなかったが、この日は粘りを見せた。状態が上向きな証拠だろう。

同組の2人(小祝さくら、黄アルム)もボミの気分を上げた。「2人とも調子のいい選手で、スイングも好きな選手。アルムさんは大好きな先輩で楽しくお話できましたし、さくらちゃんは全くブレない。スイング、アプローチを落ち着いてやっていて、見ていてすごいなと思いました」と同伴競技者と楽しみながらスコアを伸ばした。

「今日は2アンダーを目標にやりましたが1つ足りなかったので、明日はその1つも入れて60台で回れるように頑張りたい。惜しいパットが多かったので、タッチを調整して明日に臨みたいと思います」。まずは第一関門となる予選突破に向けて。そしてさらにその先へ、ここからもう一段階ギアを上げていく。

と、ここまで話したところでボミのほうから「(トップの)アンちゃん(ソンジュ)は何が良かったと言っていましたか!?」とまさかの逆質問が。良かったところを記者から伝え聞くと納得の表情を見せたボミ。18ホールで「65」、ハーフで「30」という数字はプロでも気になることが分かった一幕だった。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・アン・シネがチップインバーディで上々の滑り出し ラッキーアイテムもゲット!?
・アマの連続予選通過記録かかる安田祐香は56位T 新記録に黄信号
・“ホステスプロ・ツートップ”の一人、キム・ハヌル アンダーパーという結果も「残念です」
・“育成”の年が“飛躍”の年に!?木村彩子の割り切った考え方
・カン・スーヨンは引退試合での好発進に「優勝しても辞めますよ(笑)」

ParOn.(パーオン)

トピックスRSS

ランキング