アン・ソンジュが今季5勝目に王手 菊地絵理香が「67」で2位浮上、原英莉花は後退

ParOn.(パーオン) / 2018年10月20日 15時58分

アン・ソンジュが独走態勢を築き最終日に臨む NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(2018)(3日目) 写真・鈴木祥

<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 3日目◇20日◇マスターズゴルフ倶楽部・兵庫県(6,528ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」3日目が行われ、2位タイから出たアン・ソンジュ(韓国)が5バーディ・ノーボギーの「67」でラウンド。トータル14アンダーまで伸ばし、2位に5打差をつける単独トップに立った。

トータル9アンダーの2位には、この日1イーグルなど「67」をマークした菊地絵理香が浮上した。トータル8アンダー・3位タイに松田鈴英、東浩子が続く。

ホステスプロのキム・ハヌル(韓国)はトータル7アンダーで5位。2日目を終え2位タイにつけていた原英莉花は、2バーディ・4ボギー・1ダブルボギーと4つスコアを落とし、トータル5アンダー・12位タイに後退した。

鈴木愛は原と同じ12位タイ、先週途中棄権した香妻琴乃はトータルイーブンパー・39位タイにつける。先週優勝の成田美寿々はトータル1オーバー・43位タイ。

【3日目の成績】
1位:アン・ソンジュ(-14)
2位:菊地絵理香(-9)
3位T:松田鈴英(-8)
3位T:東浩子(-8)
5位:キム・ハヌル(-7)
6位T:森田遥(-6)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・苦手のはずが…フェーダーの松田鈴英が「結果オーライ(笑)」で左ピン攻略
・「アン・ソンジュさんの背中が遠く見えた」 原英莉花は最終組で崩れて大きく後退
・ホステスのイ・ボミ、日本最終戦の可能性高いアン・シネは予選突破?落ち? カットラインを巡る緊迫の数十分間【記者の目】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング