松山英樹が22位タイに浮上 J・ラームが単独首位

ParOn.(パーオン) / 2019年3月17日 8時32分

松山英樹が「66」をマーク 22位タイへと浮上 ザ・プレーヤーズ選手権(2019)(3日目) 写真・Getty Images

<ザ・プレーヤーズ選手権 3日目◇16日◇TPCソーグラス(米国フロリダ州)◇7189ヤード・パー72>

賞金総額1250万ドル(約14億円)がかかるビッグトーナメント「ザ・プレーヤーズ選手権」の第3ラウンドが終了。トータル15アンダー・単独首位には、「64」をマークしたジョン・ラーム(スペイン)が立った。

首位と1打差・2位タイにはトミー・フリートウッド(イングランド)とローリー・マキロイ(北アイルランド)、3打差・4位にはジェイソン・デイ(オーストラリア)が続いた。

トータル1アンダー・67位タイから出た松山英樹は、この日に「66」をマーク。スコアを6つ伸ばしてトータル7アンダー・22位タイへと順位を上げた。

3週ぶりの出場となるタイガー・ウッズ(米国)はトータル3アンダー・39位タイからのスタート。3バーディ・3ボギーの「72」とスコアを伸ばせず、トータル3アンダー・43位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・T・ウッズ、2度の池ポチャは防げた? 新ルールにまたもや困惑

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング