金澤志奈が単独首位発進 勝みなみ1差2位、鈴木愛は84位出遅れ

ParOn.(パーオン) / 2019年5月17日 18時47分

ツアー初優勝へ単独首位発進を切った金澤志奈 ほけんの窓口レディース(2019)(初日) 写真・村上航

<ほけんの窓口レディース 初日◇17日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6292ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」の初日が終了し、ツアー初優勝を狙う23歳・金澤志奈が7バーディ・1ボギーの「66」をマーク。6アンダー・単独首位スタートを切った。

1打差2位タイに勝みなみとイ・ミニョン(韓国)。2打差4位に藤本麻子、3打差5位タイに2016年大会覇者の申ジエ(韓国)ら3人が続いた。

昨日16日にがんのため亡くなった大山亜由美さんと同期の岡山絵里は、2アンダー・8位タイの好発進。大会3連覇がかかる鈴木愛は「76」と振るわず、4オーバー・84位タイと出遅れている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・元ルームメイトの「かわいい後輩」の死に涙… 香妻琴乃が語る大山亜由美さんとの思い出
・大山亜由美さんの死に同期から悲しみの声 “手作りの喪章”をつけ戦う

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング