19歳のホステスプロ・石井理緒が首位 キム・ヒョージュ、上田桃子らとV争いへ

ParOn.(パーオン) / 2019年6月8日 16時2分

19歳のホステスプロ・石井理緒 地元・新潟で初優勝を狙う ヨネックスレディスゴルフトーナメント(2019)(2日目) 写真・上山敬太

<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2日目◇8日◇ヨネックスカントリークラブ(新潟県)◇6456ヤード・パー72>

国内女子ツアー「ヨネックスレディス」の2日目が終了し、19歳のホステスプロ・石井理緒が同じくホステスプロのキム・ヒョージュ(韓国)と並び、トータル7アンダー・首位でフィニッシュ。地元・新潟でのツアー初優勝をかけて最終日に挑む。

1打差3位に上田桃子。2打差4位タイにアマチュアの大田紗羅、イ・ミニョン(韓国)が続いた。

先週の「リゾートトラスト レディス」でツアー初優勝を挙げた原英莉花は、2バーディ・1トリプルボギーの「73」と1つ落とすも、トータル1オーバー・46位タイで決勝ラウンドに進出。昨年覇者の大山志保はトータル2オーバー・54位タイで予選落ちを喫した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・優勝翌週の原英莉花は薄氷の予選通過 痛恨トリもバーディ締めで滑り込み
・アメリカよりも日本! 海外メジャー覇者が優勝なら日本ツアー出場を明言

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング