成田美寿々が逆転で大会2勝目!有村智恵は1打届かず、イ・ボミは3戦連続トップ10

ParOn.(パーオン) / 2019年8月4日 16時54分

“逆転の成田”が今季2勝目! 大東建託・いい部屋ネットレディス(2019)(最終日) 写真・佐々木啓

<大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日◇4日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6605ヤード・パー72)>

初日、2日目がサスペンデッドで変則日程となった「大東建託・いい部屋ネットレディス」最終日。成田美寿々がトータル11アンダーまで伸ばし、2017年大会以来となる大会2勝目を挙げた。

1打差の2位タイに有村智恵とペ・ソンウ(韓国)。トータル9アンダーの4位に昨年覇者の黄アルム(韓国)。トータル7アンダーの5位タイには藤田さいきとイ・ミニョン(韓国)が入った。

その他、イ・ボミ(韓国)がトータル5アンダーの8位タイで3試合連続のトップ10入り。先週の「センチュリー21レディス」で初優勝を挙げた稲見萌寧は6つ落としてトータル7オーバーの60位タイで4日間を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小野祐夢がツアー64試合目にして初のトップ10入り!地道なトレーニングが実を結ぶ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング