J・T・ポストンがツアー初優勝 米国男子は今週からプレーオフシリーズに突入

ParOn.(パーオン) / 2019年8月5日 11時4分

プレーオフ前のレギュラー最終戦を制したJ.T. ポストン ウィンダム選手権(2019)(最終日) 写真・Getty Images

<ウィンダム選手権 最終日◇4日◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7127ヤード・パー70>

米国男子ツアー「ウィンダム選手権」の全日程が終わり、米国の26歳、J・T・ポストンがツアー初優勝を挙げた。3打差の5位タイからスタートしたポストンは、最終日に「62」をマーク。トータル22アンダーまで伸ばし、2位のウェブ・シンプソン(米国)に1打差でうれしい初勝利をつかんだ。

2打差の3位には前日まで首位だったアン・ビョンハン(韓国)が入った。以下、トータル19アンダーの4位にビクトル・ホブラン(ノルウェー)、トータル17アンダーの5位にキム・シウー(韓国)が続いた。

これで米男子は2018―2019年のレギュラーシーズン全日程が終了した。今週の「ノーザン・トラスト」(8日開幕)から、全3試合のプレーオフシリーズに突入する。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング