J・トーマスが“61”で単独首位 松山英樹は9位後退

ParOn.(パーオン) / 2019年8月18日 10時1分

“61”の大爆発 J・トーマスが単独首位に躍り出た BMW選手権(2019)(3日目) 写真・Getty Images

<BMW選手権 3日目◇17日◇メダイナCC(イリノイ州)◇7613ヤード・パー72>

米国男子ツアーのフェデックスカッププレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」の3日目。ジャスティン・トーマス(米国)がトーナメントコースレコードを2打更新する「61」をたたき出し、後続と6打差のトータル21アンダー・単独首位に浮上した。

6打差2位タイにパトリック・キャントレー、トニー・フィナウ(ともに米国)。7打差4位にローリー・サバティーニ(スロバキア)が続いた。

2日目に今季自己ベストの「63」をマークして単独首位に立った松山英樹だが、この日は2バーディ・3ボギーの「73」と振るわず。トータル11アンダー・9位タイと優勝争いから後退している。

今大会にはフェデックスカップランク上位70位までが出場しており、プレーオフ最終戦「ツアー選手権」には上位30人までが進出できる。ランキング33位の松山は逆転での切符獲得を狙う。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング