イーグル7つ飛び出す伸ばし合い 申ジエが首位キープ、渋野日向子は20位タイ

ParOn.(パーオン) / 2019年9月21日 16時14分

2位に3打差をつけて首位に立つ申ジエ デサントレディース東海クラシック(2019)(2日目) 写真・村上航

<デサントレディース東海クラシック 2日目◇21日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)◇6437ヤード・パー72>

「デサントレディース東海クラシック」は2日目の競技が終了。イーグルが7つも出る伸ばし合いの展開となるなか、トータル13アンダーまで伸ばした申ジエ(韓国)が首位をキープ。14年以来の大会2勝目へ、ポールポジションにつけた。

3打差の2位には15番でイーグルを奪うなど「65」をたたき出したイ・ミニョン(韓国)。トータル9アンダーの3位タイには、同じく5番でイーグルを奪ったテレサ・ルー(台湾)をはじめ、李知姫(韓国)、ホステスプロの鈴木愛の3人が続いている。

渋野日向子は4バーディ・2ボギーとスコアを2つ伸ばしたものの、トータル5アンダーの20位タイに後退。昨年覇者の香妻琴乃はトータル3アンダーの33位タイとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・“修正力”見せるも首位とは8打差… 渋野日向子が「悔いの残らないよう」攻撃宣言!
・ドラコン連覇の穴井詩が意識する飛ばしのポイントは? 始球式に登場の稲村亜美さんゴルフ版“神スイング”の自己採点は「79点!」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング