横峯さくらが「65」の2位発進 上原彩子、山口すず夏69位T、ハーが首位

ParOn.(パーオン) / 2019年9月27日 12時27分

横峯さくらが7アンダーの2位タイ発進 インディ・ウィメン・イン・テック選手権(2019)(初日) 写真・GettyImages

<インディ・ウィメン・イン・テック選手権 初日◇26日◇ブリックヤード・クロッシングGC(インディアナ州)◇6456ヤード・パー72>

米国女子ツアーの秋の陣が開幕。日本から出場するのは横峯さくら、上原彩子、山口すず夏の3人。大会初日からバーディ合戦となっているなか、横峯がボギーなしの7バーディを奪い、7アンダーの2位タイ発進を決めた。

首位には今季1勝を挙げているM・J・ハー(韓国)。横峯と同じ2位タイにブロンテ・ロー(イングランド)、ナンナ・コルザ・マジソン(デンマーク)。ポーナノン・パットラム(タイ)、マリナ・アレックス、エイミー・オルソン(ともに米国)が6アンダーの5位タイとしている。

上原と山口はともにイーブンパーの69位タイスタート。前年覇者のパク・サンヒョン(韓国)は2アンダー・38位タイとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング