「40代がピークと言えるように」武藤俊憲、シード13年目の再スタート

ParOn.(パーオン) / 2019年9月29日 19時7分

4年ぶりVを果たした武藤俊憲と小田キャディ パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ(2019)(最終日) 写真・鈴木祥

<パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 最終日◇29日◇東広野ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7058ヤード・パー71>

流れをつかんだら止まらない。ホールを重ねるごとに、この日は武藤俊憲の一人舞台になっていった。トータル14アンダー・首位から出た最終日。スタートから連続バーディを奪って勢いをつけると、1打差まで迫っていた今平周吾が7番でダブルボギーを叩き後退。「そのダボで、武藤さんに余裕が出たのかなと思う」(今平)と、ここで2位とは3打差が開く。

12番からの3連続バーディで勝利への流れを一気に引き寄せ、8バーディ・1ボギーの「64」でフィニッシュ。3日目から立て続けにビッグススコアを出し、2位の今平に4打差をつけて圧勝を決めた。

優勝は2015年「ISPSハンダグローバルカップ」以来4年ぶり。勝利のなかった3年の間、前ばかり向けていたわけではなかった。03年のツアーデビューから16年。賞金シードは06年以来キープし続けているが、長年いるがゆえの甘えも自身で感じていた。持ち味の攻めるゴルフがなりを潜め、10年以上タッグを組む小田キャディから、今季常々問いかけられたのは、『何がしたいの?狙うの、狙わないの?』。今季はトップ10入りが1度のみに留まり、守り続けていたシードも危ういと感じていた。

その中で迎えた本大会。2日目に首位タイから6位タイに後退したが、3日目に「64」を叩きだして再びトップに躍り出た。「ここまで来たら、勝つか負けるか。勝ちを獲るにはどうしたらいいか考えたら、ピンを向くこと」と勢いを取り戻し、追随する今平、石川遼を振り切りっての圧勝だった。

これでツアー通算7勝。今年で41歳を迎え、気づけばツアーのベテランと呼ばれる位置に立った。体の変化は感じつつも、「青木(功)さんに、40歳からがピークだと怒られます。シニアに行ったとき、オレのピークは40代だったと言えるように、一歩でも進んだと思う」。苦しんだすえ、第2のスタートを切った。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・石川遼は3打及ばず完敗 「プレッシャーが効かない人だと思いました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング