1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

離婚を経験し、自信を失った40代女性の心を埋めた“サーフィンへの挑戦”

PHPオンライン衆知 / 2023年11月24日 11時50分

サーフビーチ

サーフィンに魅了され、挑戦を続けるダイアン。海に入ってすべる感覚を味わいたい、そして、はてしない多幸感と解放感をもっと味わいたい。へたでもなんでも関係ない。

離婚のショックから立ち直りたいわけでも、自分を変えたいわけでもなく、気づけば「もっとやりたい」「うまくなりたい」そんな単純で素直な心の声を拾っていた。

サーフィンを通じて海に救われ、彼女は確実に変わりつつあった。

※本稿は、ダイアン・カードウェル著・満園真木訳、『海に呼ばれて ロッカウェイで"わたし"を生きる』(&books/辰巳出版)より、内容を一部抜粋・編集したものです。

 

数カ月ぶりの海

"やっとあたたかくなってきたので、これから毎週金曜日は海に出る"とロッカウェイのサーフィン・スクールのフランクからメールが届いた。"今度の金曜はずる休みにうってつけの日になりそうだよ"

わあ、それは素敵。そう思い、午前中休んでサーフィンに行けないかと仕事の予定をチェックした。4月の末近くで、そろそろ海に戻りたいとまさに考えはじめたところだった。

この数カ月は感情が激しく揺れ動く日々だった。父が感染症にかかって複数の臓器不全に陥り、年のはじめごろの寒い2週間でゆっくりと死に向かうのを見守った。父が弱っていく姿の記憶が頭から離れず、わたしはそれを洗い流す海水セラピーを切実に求めていた。

ロブとのトレーニングでは確実な進歩が見られ、おかげで膝の心配はほぼ消えていた。ジムを端から端までカニ歩きできるようになり、バランスボードの上でスクワットしながら1分近く安定を保てるようになり、腕立て伏せもバーの高さを目盛りいくつぶんかさげてもできるようになった。

ジムでの成果が海での成果につながるのかたしかめたくてたまらなかったので、金曜日にロッカウェイへ行くチャンスに飛びつき、プライベートレッスンを予約した。幸先のいい週末になりそうだった。

その日の10時少し前、アーヴァーンでA系統の高架駅から通りにおりてみると、前回来たときよりずいぶん雰囲気がよくなっていた。

古ぼけた黒いプラスチックのひさしつきの信号はあいかわらずだったが、駅からすぐのところにスーパーマーケット〈ストップ&ショップ〉の広い郊外型店舗が新しく建ち、海までの道に並ぶ家々では白い柵の向こうに緑が茂りはじめていた。

 

サーフィン日和

ネズの茂みのなかの砂の道を進み、ささくれた木の階段をのぼってボードウォークにあがると、ビーチにいたスクールの経営者のフランクが駆け寄ってきた。

「やあ、どうも。よく来てくれたね。今日はプライベートレッスンだったよね?」

「ええ。海に入るのが本当に楽しみ!」

「いいね。ボードをとってこなきゃいけないんだけど、きみは先にビーチでスーツを着てて。すぐ行くから」

わたしはビーチにいた数人の生徒にまじってウェットスーツを着はじめた。フランクがメールに書いてきたコンディションの予想は大当たりだった。

晴れていてあたたかく、腿から腰くらいの高さの比較的なめらかな波が立っている。その波をつくりだしているうねりはおもに南東から来ていて、南東を向いた海岸線にまっすぐ向かっている。

西から南西の風が吹いているがさほど強くはなく、波の前面に向かって横から吹きつけているとはいえ、波のフェイスやリップにあたって、サーフィン用語で言うところの面が少しざわついている程度だった。

風が沖から岸に向かって吹いているオンショアの場合、波に後ろから吹きつけて頂点を押しさげ、不明確でとらえにくい波になる。

逆に風がオフショア、つまり波の正面に向かって吹いてくる場合、波が盛りあがってから砕けるまでの時間が長くなり、より切り立って面がなめらかなピークができ、"クリーン"とか"グラッシー"と呼ばれる理想的な状態の波になる。

 

 

波に乗る

波ができる様子をながめていると、海岸線から水平線まで同じように見えるところで、あるときは3つ相次いで盛りあがったり、あるときは急にどこからともなく生まれたりしている。

夜中にインターネットを読みふけり、これが砂州──絶え間なく行ったり来たりする水の動きによって、海底で砂が盛りあがったり寄り集まったりならされたりしてできる山や畝──の場所を反映していて、海面の光景は海底の輪郭線に対応しているということは理解していた。

が、最近出くわした新しいコンセプトはよく理解できずにいた。波が盛りあがってピークに達するときに見えているのは、水の動きではなく、ジャック・ロンドンがかつて"振動の伝わり"と書いたものだというのだ。彼はエネルギーが水と置きかわることなくそのなかを伝わる様子に言及していた。

分子から分子に振動が伝わり、そのエネルギーが浅瀬近くで臨界点に達してついに水をひっくりかえす──位置エネルギーがその最後の瞬間に運動エネルギーに転じるのだという。

"波を構成している水は動かない"と1907年、オアフ島のワイキキでサーフィンを観察し、その後実際にやってみたロンドンは書いている。

"もし動くのなら、池に石を投げこんで、さざ波が外に向かって広がっていくとき、中央には穴ができてそれがどんどん大きくなっていくはずだ。しかしそうならない。波を構成する水は動いていない。したがって、ある特定の範囲の海面を見たとき、そこでは連続する千の波が次々に伝える振動によって、同じ水がその場で千回上下しているのを見ているのである”

わかったようなわからないような。高校で物理や微積分をやらなかったわたしには、ちょっと頭がくらくらする感じがした。

まあどんなしくみかはどうでもいい、乗る波がありさえすれば。わたしは嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねたくなるのをこらえた。頭が変な人と思われたくなかったのと、レッスンのためにエネルギーをとっておかなければいけなかったから。

 

うまくなりたい

サイモンが11フィートのボードをつかんで軽々と肩にかつぎあげ、わたしをブレイクに案内した。さわやかな潮のにおいを嗅ぎながら冷たいブルーグレーの海に脚を入れると、着ているネオプレーン生地にしみこんできた海水がひやっとしたが、やがてあたたまってきた。

ウェットスーツは一般に、生地の内側に体温であたためられた水の薄い層をつくることで断熱効果を発揮し、スポンジ状のゴム生地に含まれる窒素の細かい気泡が熱が逃げるのを防いでくれる。

何回サーフィンをしたことがあるか(4回だけ!)、どんなところを練習したいか(全部!)など、ふたりで少し話したあと、サイモンが足を止めてボードを岸に向けた。まずわたしがパドリングし、彼が押して何度か試してみたが、うまく立てない。

「ちょっと見させてくれ、ダイアン」次の波が近づいてくると、サイモンがボードの後ろに回りながら言った。わたしはボードが加速するのを感じて、腕で押して起きあがったが、膝立ちにしかなれず、かかとに体重がかかってボードの後ろ側に落ちた。ボードが宙を飛んで着水した。

「それだ! きみの問題がわかったぞ!」サイモンが金を掘りあてたみたいに興奮した叫びをあげた。

「爪先を移動させてないからだよ!」またあの訛りが出てきていた。彼が両手を広げ、こっちに身を乗りだした。

「きみのサーフィンがうまくなる何かが見つからないかと思ってたんだけど、わかったよ! 爪先を移動させるんだ! ポップアップのとき、爪先をノーズのほうに移動させるんだ!!」

ふたたび挑戦してみる。爪先をノーズに移動、爪先をノーズに移動──うまくいった。立ちあがり、黄緑色のデッキの上の黒いゴムに包まれた足を見おろしながら、波に乗る感覚を味わい、ボードが進み続けることに驚いていた。

急に波がくずれ、わたしは暴れ馬から投げだされるみたいに海に落ちた。冷たい海水が鼻に入り、ウェットスーツにも流れこんできた。質がさほどでもないスーツの難点で、あたたまった海水の層がいきなり新しい海水と入れかわった。

「いいじゃない、これで目がさめる!」

浮かびあがり、海水を吐きだしながらひとりごとを言った。アイスクリームを食べたときのように頭がキーンと痛くなったが、それもボードを拾ってサイモンのところに戻るまでには消えた。

そのあとも何回か乗ることはできたものの、半分くらいは立ったときか、波がくずれたときの衝撃でボードから落ちてしまった。体力が切れてきて、少し休憩したいとサイモンに言った。

 

 

大きな一歩

「いい波が来てる。もう行けそうかい?」

「ええ、でもこれが最後かも」

わたしはボードに腹ばいになって言い、サイモンの合図とともにパドリングして波をとらえた。今度も立ちあがり、ボードが進むのを見守った。

「波に乗るんだ、ボードじゃなくて」とサイモンが叫ぶのが聞こえ、そのとおりだと気づいた。立ってボードに乗っていることだけに集中しすぎて、波に乗ることに意識が向いていなかった。

顔をあげ、波がどうやってビーチに向かっていくのか予想し、どうすればそれに乗っていられるかイメージしようとした。波は進行方向に向けて傾斜するくさびのような形をしていて、岸に向かって斜めに進んでいるようだった。そうやって見続けていると、不思議と自然に岸まで乗っていくことができた。

砂浜が迫ってきたところで、自分から後ろ向きに落ちた。

「ほら、ずっとよかっただろ」サイモンが近づいてきて言った。

「ほんとに」わたしは浮かれて笑いながらビーチまで歩いた。

「でもわからないの。自分が何をしたのか」

「ターンしたんだよ! 波のなかでターンしたんだ。波に乗るにはそれが必要なんだよ」

「なるほど。でもターンってどうやってするの? さっきは気づいたらそうなってて」

「そうだね、まずは進む方向を見ることだ」

サイモンがボードを砂の上に放り、ポーズをとった。腰幅くらいに両足を開き、膝を少し曲げて前に向け、上体は横に向けて、腕もそれとだいたい同じ方向に伸ばす。

「こうすると正しく重心がとれる。でも舵をとるためには調整もしなきゃいけない」

彼が片方の膝と足首をひねりながら地面に向けて沈めた。すごく不自然で苦しそうな姿勢だったので、こっちまで脚に痛みが走った。

「もっとうまくなると、波の上でいい場所に居続けるために足をクロスさせることもできるようになる」

しゃがんだ姿勢のまま、彼が横に踏みだし、ゆっくり片方の足をもう片方の足の前にクロスさせた。

「でもこれは上級編だ。まずは基本をマスターしてからだね」

「わかった。次からはそれを意識してみる」

ちょっと前進したと思うと、毎回どれだけ先が遠いかを思い知らされる。

 

海がくれる癒やし

サーフボードやウェアが積まれているところまで戻ると、わたしは砂の上に腰をおろしてブーツをぬぎ、続いてウェットスーツもぬいだ。くたくたに疲れ、こわばった身体が言うことを聞かない。それはまもなく全身の筋肉痛に変わるのだろう。

それでも、何カ月もなかったような心の安らぎと満足を感じていた。ようやく胸の圧力弁が回り、熱くて苦い喪失の残滓がゆっくり流れだしていくように。

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください