郷ひろみの新妻 元野球選手の父にしつけられた「できた娘」

NEWSポストセブン / 2012年4月6日 16時0分

 3月31日、郷ひろみ(56才)が元モデルで化粧品会社に勤務する利奈さん(32才)と再々婚した。

 利奈さんの父は、国鉄スワローズなどで活躍した元プロ野球選手の徳武定祐さん(76才)。現役引退後は、コーチや2軍の監督を務め、現在は母校・早稲田大学野球部で指導にあたっている。豪快かつ厳しい人で知られる一方、その指導力には定評がある。母親は、近所では夫を立てる良妻賢母で知られていた。

「徳武さんのお宅は、お正月になるといつも人がいっぱい。新聞社やら野球関係者やらいろいろ来ててねぇ。のべ50人以上は来るんじゃない? 毎年利奈ちゃんは、お姉ちゃんと一緒にエプロンして、お母さんを手伝ってお酒出したり、お料理出したり。

 お料理もね、まだ作ったりできない子供のときから、上手に盛り付けたりしてましたよ。体育会系のお父さんにしつけられていますから、挨拶や礼儀もきちんとできるし、お母さんを見てきたからお客様のもてなしなんかもちゃんとできる。本当によくできたいい娘さんですよ」(徳武家を知る人)

 複数の郷の関係者が「彼は出会った直後から結婚を意識していた」と証言している。

「郷さんのファンだった利奈さんが彼に会ったとき、彼女は30才。20代にはない落ち着きもあったし、大人の常識も持ち合わせていた。郷さんの両親とも自然な形で打ち解けたそうです。とくに郷さんのお母さんは“利奈ちゃん、利奈ちゃん”と呼んで、自分の娘のようにかわいがっていました。利奈さんは、郷さんにも両親にとっても理想の相手だったんでしょう」(郷を知る音楽関係者)

※女性セブン2012年4月19日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング