延べ2800kmのJR東日本の高架下 地域活性目指し有効活用へ

NEWSポストセブン / 2012年4月10日 16時0分

写真

JR秋葉原駅~御徒町間の高架下『2k540 AKI-OKA ARTISAN』

 一定の間隔で配置された太い柱の間に小さな店が並ぶ。店内は狭く、テーブルや椅子が路地にまでハミ出すのは当たり前。ここは静寂とは無縁。酒酔い客の声と頭上を走る電車の騒音が響く――。

 高架下といえばサラリーマンが集う大衆酒場というのが相場だが、どうやら変わりつつある。

 一昨年末、東京・御徒町の高架下にオープンした『2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーヨンゴーマル アキオカアルチザン)』は、宝飾品や革製品などの店舗が並ぶショッピングモールだ。

「これまで倉庫や駐車場として使っていた高架下を有効活用し、『人々を集める』『地域活性化』の二本柱を念頭に開発を進めた。御徒町は、伝統工芸職人の街として知られていますので、職人に工房や店舗として使ってもらい、“モノづくりの発信源”となるような場所を目指しています」(JR東日本都市開発)

 JR東日本が持つ高架下はのべ2800km。今後も地域活性化を目標とした活用方法を考案していくという。

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2012年4月20日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング