公的支払い拒否する28歳主婦 督促状の封筒を開けてもいない

NEWSポストセブン / 2012年4月15日 7時0分

 生活に困窮し、税金や保険料を払えない人に紛れて、支払い能力があるのに「払わない人々」が増えている。「払わない人々」は督促を受けて焦ったりはしないのか。新宿の喫茶店でインタビューに応じた専業主婦の村田香織さん(仮名・28歳)は、その質問にケラケラと明るく笑った。

「払わないでもどうにかなるんじゃないのかなって思いが一番大きいかな。いろんなところから督促状が送られてくるけど、最近じゃ封筒を開けてもいないですから。まあなんとかなるんじゃないですか?」

 香織さんは鳶職の夫、1歳と3歳の息子とともに東京郊外のマンションに住んでいる。母親に子供を預けて週4日、友人が経営している雑貨店でパートをしており、夫の収入と合わせると月収は30万~40万円。普通に生活していくのなら、なんら問題ないが、多くの支払いを滞納している。

「埼玉から引っ越してきたんですけど、子持ち家庭が大きなマンションに引っ越す時には、住宅支援や子育て支援で市がおカネを貸してくれるんですよね。旦那が建築系の仕事なんで、そういうのに詳しくていろいろ借りてきたんです。全部で200万ぐらいになると思うんですけど、今まで1円も返してないですよ。だからたくさん(督促状が)来るんです」

 ほかにもスピード違反などの反則金も一切無視しているという。「大宮簡易裁判所支払督促係」と記された未開封の封筒をどっさりと並べて、あっけらかんとしている香織さんに、そんなに生活が苦しい理由を問うと、こんな答えが返ってきた。

「やっぱり旦那の仕事が建築関係なんで、リーマンショックですごく給料が減ったんですよ。前は月100万持ってくることもあったのに、半分以下ですもん。あと、車のローンとか改造費がかなりかかる。旦那がすごく好きで、稼ぎが良かった時にレクサスのすごくいいやつを新車で買って1000万円。それからいろいろいじって(改造して)、1000万以上はかかっている」

 そんなにいい車なら、売ってしまって公的ローンや保険料などの支払いにあてたらというと、香織さんはぶんぶんと首を振った。

「旦那が車だけは絶対に売らないって言い張っているんですよ。まあたしかに、いま住んでいるところは、子供も小さいから車がないと不便だし。でも、友達とか周りをみても、結構、税金とか年金とか払ってないですよ」

 市からの督促状は踏み倒し、生活が苦しいといいながら2000万円かけた高級車に乗る。

 ほかに欲しいものや、ゆずれないものが山ほどあるのでどうしても公的サービスは後回しになり、できれば払いたくないという結論になるという。人として、社会人として何が優先か、何がゆずれないことか、完全に尺度が壊れている。

※週刊ポスト2012年4月20日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング