重要キャラの解説もなし ツッコミどころ満載の小栗旬CM

NEWSポストセブン / 2012年4月12日 7時0分

写真

全力すぎて六太というより、「こち亀」の両さんに見える

 5月5日に公開される映画「宇宙兄弟」とコラボしている、『味の素』の新CMを見て「あー! あのとき小栗くんがやっていた卵かけごはんは、このCMがあったから、混ぜ混ぜしてなかったのね!?」と思った人もいるのでは?

 前のCMをずっと“先に混ぜてから、ごはんにかけた方がいいのになぁ”と思いつつ眺めていた人も、今回の「たまごかけご飯 LOVES 宇宙兄弟 ~夢をあきらめない、すべての家族へ。~」をテーマにしたコラボCMの「なぁムッちゃん。卵ってさ、月に似てるよね?」という日々人(子供時代)や、卵の黄身を月に見立てて「月面着陸!」というセリフに、“はいはい。これをやるなら、まーるい黄身でなくっちゃね”と納得だろう。

 そうした“腑に落ち”を展開する一方、このCMではツッコミどころもチラホラ。「宇宙兄弟」主役の子供時代の2人が卵かけごはんを食べたりしながら夢を語り合う――そしてその後のパロディシーンで、20年後の六太と日々人として登場するのがお笑いコンビのトータルテンボス(大村朋宏・藤田憲右)。

 小栗演じる六太がほぼアフロの天然パーマということで、藤田のアフロヘアからキャスティングされたのだろうが、そのストレートさに「髪型だけでかよ!」とツッコミたくなるし、相方・大村の茶髪具合を見て「……で、やっぱり髪だけかよ!」と、さらにツッコまずにはいられない。

 しかも芸人になった未来を「違ーーーう!」とツッコむシーンの小栗のアップが、ヒゲのせいか「なんだか『こち亀』の両さんに見える……」というのも、スルーしがたい。

 また小栗の「APO当たる」というナレーションが入り、画面内にパグのイラストのついた『味の素』ボトル型のストラップが登場するシーン。これ「宇宙兄弟」を知らない人には、何がなんだか、さっぱりわからない。

 原作のAPOは日々人がアメリカで飼っている、アポロから命名されたパグ犬で、ある事件では六太を活躍させるべく、上手いこと立ち回ったり、日々人が宇宙に旅立つ際には知らないおじさんについて行ってしまい、それを六太が追いかけると辿り着いたのは打ち上げを見るベストポジションで――など、なかなか“いい仕事をする”ヤツなのである。

 原作「宇宙兄弟」単行本の特典としてAPOフィギュアが人気を集めるなど、「宇宙一かわいい」というAPO。あまりのかわいさから「宇宙兄弟」の本筋から離れて、「『宇宙兄弟』は、パグ愛好家の必読コミックです!」と主張する人もいるほどだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング