斉藤慶子 資産140億円セレブと再婚も「遺産目当て」の声

NEWSポストセブン / 2012年4月12日 0時0分

 都内でも有数の高級住宅街。そのなかでもひと際目を引く3階建ての超豪邸──昨年から斉藤慶子(50才)は、ここで新生活を送っている。

 4月上旬の夜7時過ぎ、この豪邸にきちんと整えられた白髪にスーツ姿のダンディーな小柄な男性がやってきた。この家の主、斉藤の再婚相手である、広告代理店・代表取締役社長のAさん(65才)だった。

「斉藤さんは、昨年11月に子連れ再婚したんです。いまは親子3人仲良く暮らしているみたいですよ」(芸能関係者)

 斉藤は1997年7月に実業家と結婚したが、2008年5月に離婚。以来、彼女は女手ひとつで長女(11才)を育ててきた。

「お嬢さんはいま超有名私立小学校に通っているんですが、やはり父親という存在が必要だと、前々から斉藤さんは考えていたようです。そんなときに出会ったのが彼だったんです」(斉藤の知人)

 そのAさんは都内の一等地の高層ビルにオフィスを構え、会社は2011年3月の決算では売上高約165億円、利益約6億円を誇り、彼自身の資産は140億円ともいわれる超セレブ社長だ。

 しかしながら、この結婚には大きな障害が立ちふさがっていた。

「Aさんはバツイチなんですが、前妻との間に生まれたお子さんや親族が、ふたりの再婚には猛反対したんです。“絶対、遺産目当てだ!”なんて批判を受けたこともあったようですよ」(前出・芸能関係者)

 Aさんの親族に話を聞いた。

「再婚の話すら聞いておりません。何も存じ上げませんので、Aさん本人に聞いていただけますか…」

 どうやら親族とのつきあいもあまりない様子だ。

※女性セブン2012年4月26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング