代々木忠「自分の存在わかってほしいとAVに出る女性多い」

NEWSポストセブン / 2012年4月14日 7時0分

 これまでに500本以上の作品を手がけたAV界の巨匠・代々木忠監督が、新著『つながる セックスが愛に変わるために』(祥伝社)を出版した。4月13日配信の『メルマガNEWSポストセブン』11号では、代々木監督へのインタビューを掲載。ここで、その一部を紹介する。

 * * *
「私、アダルトビデオ(AV)に出演したいんです」──代々木忠監督の元を訪れる女性たちは、ごく普通の学生やOL、主婦が多いという。

 インターネットでは「18歳から60代以上の女性」という幅広い条件で出演者を募集しているが、面接にやってくるのは特殊な性癖を持っている女性たちだけではないのだ。

「ぼくの作品に出演した、とある44歳の女性は、外資系の企業に長く勤めたものの失職してしまい、ネットを見て応募してきました。結婚して子供がいる女性もいれば、TOEICで900点を取り、通訳として働いている高学歴の女性もいます。誰に見られるかわからないので、AVに出演するのはすごくリスキーなはずなのに、自分の存在意義を確かめることで“自己受容感”を満たしたい。自分の存在をわかってほしいと、誰かとつながりを求めてやってくる女性たちがすごく多いのです」

 ただお金を求めるのなら、水商売や他の風俗産業に勤めればいいが、一足飛びにあえてAV出演を望む女性たちの中には、社会とつながれないもどかしさを抱えている人が多い、と監督は語る。

 AV出演志望者ひとりあたり少なくとも2時間、長くなれば6時間にも及ぶ面接を、監督は約30年間、5000回以上行ってきた。この面接では微に入り細をうがち、女性たちの本音を聞いていく。

「現代の女性たちがうまく他人とつながることができない背景には、幼児期に自分の親とつながれなかったことが大きいと思います。そんな女性たちはいいセックスができないで悩んでいる。それは、自分を守ってくれるはずの親が暴力をふるったり、育児放棄をしたり、過干渉で自由を奪ったりして、子供たちが自己否定されて育ったことに原因がある。そこにはスキンシップもなければ肌のぬくもりも安心感もない。子供は感情にブロック(しこり)を作ってしまい、その後の人生はずっとそのトラウマを抱えて生きることになるんです」

※メルマガNEWSポストセブン11号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング