加齢臭対策石鹸 200円と700円の商品に効果の差なしと専門家

NEWSポストセブン / 2012年5月2日 16時0分

 加齢臭を消すためのセッケンが様々売られている。安いものは200円から、2000円を越す商品も少なくない。ところが「値段によって、加齢臭を除去する効果効能は変わらない」と専門家は言う。自らの加齢臭と闘ってきた『加齢臭読本』の著者で、ネット文筆家の奈良巧氏が報告する。

 * * *
 加齢臭をきちんと分解してくれる「柿渋入りセッケン」。これは価格がまちまち。安いものは200円から、2000円を越すものも珍しくはない。

 ペリカン石鹸では、「アロマティックソープ柿渋」(市場価格700円前後)「柿渋ファミリー石鹸」(市場価格200円前後)という商品がある。この違いを品質保証部の高柳部長に聞いた。

「汚れを落とす能力と、柿渋の作用に関しては、機能に差はありません」。きっぱりと高柳部長は言う。「セッケン成分は皮膚表面の脂と結びつき、汚れを落とします。そして柿渋は皮膚表面の加齢臭物質を取り去り、さらに残り、新たな皮脂が酸化するのを抑制します。2商品の間にこういった部分での差はありません」

 では、値段の違いはどこにあるのだろうか。

「それは、つかい心地です」。セッケンには、泡の立ちかたや、香りなど、加齢臭抑制とは違う側面がある。香水と同じで、質の高い香りを選び、より泡立ちを良くすることで材料のコストは高くなるわけだ。

「コストの高いセッケンには『過脂肪石鹸素地』というものが使われています。ほんの5%ほど植物性の油分を追加するだけなんですが。いい泡になりますよー。クリーミーで、ねばりがあるんです」(高柳部長)

 このセッケンの作り方をペリカン石鹸では「スーパーファット製法」と呼んでいるのだが、上質なセッケンならではのリッチな泡の感触が味わえる。

 筆者は実際に「アロマティックソープ柿渋」(市場価格700円前後)と「柿渋ファミリー石鹸」(市場価格200円前後)を使って泡立ちなどを比べてみた。大きな差がでるのは、ふつうのタオルなどで泡立てた時。

「柿渋ファミリー石鹸」はちっとも泡立たないで、泡の持ちも悪い。ところが、スーパーファット製法の「アロマティックソープ柿渋」は、泡立ちが良く、肌につけてもなかなか泡がへたらなかった。

 ところが、泡立ちを良くするタオル(キクロン『アワスター』などの商品)を使うと、セッケンによる泡立ちの差は減少する。

 600円程度の泡立ちタオルを上手に使うなら、セッケンの価格差はかなり埋めることができることがわかった。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング