イチローが使い続けるバットの原木にまつわる悲惨な現実

NEWSポストセブン / 2011年1月21日 10時0分

【書籍紹介】『イチローのバットがなくなる日』 (長谷川晶一/主婦の友新書/800円)

 * * *
 イチローが使い続けるバットは北海道のアオダモという木からできている。そのバットにかかわる職人たちを追う著者だが、現在そのアオダモが危機――。2003年からの断続的な取材を通し、バットにまつわる知られざる物語から、悲惨な現実までを綴る。

※週刊ポスト2011年1月28日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング