ディズニーシーの配慮とオススメ食事方法をディズニー通解説

NEWSポストセブン / 2012年4月27日 16時1分

 まもなくゴールデンウィーク開始! やっぱり行くなら東京ディズニーシー! ということで、ディズニー通の文筆家・堀井憲一郎さんに、東京ディズニーシーの魅力と楽しみ方を聞きました。

 独自のデータ分析でディズニーを調べる堀井さんによると、「東京ディズニーシーは東京ディズニーランドよりもベンチの数が多い」とのこと。「座って景色を楽しんだり、疲れたら休憩したり。大人も過ごしやすいよう、配慮されているんです」(堀井さん)

 また、食事について堀井さんがオススメするのがレストラン『ケープコッド・クックオフ』のダイニングエリアで飲食しながら観賞できるミュージカルショーです。

「2部構成で25分程度。東京ディズニーシーが初めての人は、ダッフィーを知るためにもまずはココへ!」(堀井さん)

 ただし、食事については注意事項もあるといいます。

「サンドイッチなどのライトミールなら、すぐ食べられて◎。大型連休などは特に込むから11時台に食べよう」(堀井さん)

 オマケ付きのランチセットなら、食べた後も旅の思い出になります。

※女性セブン5月10・17日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング