韓国拉致疑惑女子大生に「人騒がせな女性」と在ソウル記者

NEWSポストセブン / 2012年5月11日 7時0分

 一時は「拉致疑惑」として日韓両国が緊張した事件の結末は、単なる「愛の逃避行」だった。

 事の顛末はこうだ。

 昨年9月下旬、兵庫県在住の女子大生Aさん(当時21)が夏休みに友人と2泊3日でソウルに旅行。現地でタクシーの運転手と口論になった際に助けてくれたイケメン韓国人男性とAさんは意気投合した。

 いったんは友人と帰国するも、男性を忘れられず、5日後に再びソウルへ。両親には講義が始まる10月までには帰国すると伝えていた。ところがAさんは帰国せず、10月初旬には連絡も途絶えたため、両親は外務省に相談し、10月17日に韓国の警察に捜索願を出した。

 韓国でも北朝鮮による拉致問題は深刻で、認定された被害者の数は486人にのぼる。Aさんも何らかの事件に巻き込まれた可能性があると見て警察が捜査したところ、とんでもない事実が発覚した。

 宿泊先のホテルの防犯カメラには、Aさんと男性が仲むつまじく外出する様子が収められていた。クレジットカードの履歴には、10月中旬まで韓国内のホテルやレストランを転々とする記録が残っていた。その後もホテルの防犯カメラにとらえられたAさんの傍らには、いつもその男性がいた。11月中旬には男と一緒に撮った動画メッセージを両親に送ったといい、警察は「家出」と判断して捜査を終了した。

 それから半年後の4月12日、Aさんは自ら大使館に連絡をし、ソウルの繁華街明洞で無事に保護され、帰国の途についた。男性とは、帰国直前に別れたようだ。

 Aさんの半年間の行状は驚くべきものだった。

 男性と逃避行を続けながら生活費に困ったAさんは、韓国観光情報サイトを通じて日本人観光客と接触し、「日本に帰ってから返す」と約束しながら数人から計23万円ほどを受け取っていたという。韓国メディアは「失踪女子大生が物乞い行為」として大きく報じた。

 産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏も呆れ気味だ。

「金銭的な被害は両親の弁済により解決したと聞いています。ただ、詐欺まがいの行為はふたりでやっていたにもかかわらず、彼女は『男にいわれてやった』と話していたそうです。人騒がせな女性ですね(笑い)」

 成人なので恋愛は自己責任。しかし、日本人の面子に泥を塗る行為は慎んでいただきたいものだ。

※週刊ポスト2012年5月18日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング