【キャラビズム】日本では旅の恥は電車の中でもかき捨て!

NEWSポストセブン / 2012年5月19日 16時0分

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「電車」編である。

 * * *

●N‘imitez pas les joueurs de Base-ball americains en machant du chewing-gum et faisant du bruit,ce n’est pas beau!

音立ててガムをかんで、アメリカの野球選手のまねするな、見苦しい!

●Comme en voyage、 c’est dans les trains qu’il n‘y a plus de honte!

旅の恥は電車の中でもかき捨て!

●Beaucoup de femmes prennent le train pour un salon de bauté!

多くの女性は通勤電車をビューティーサロン、と勘違いしている!



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング