ドリームジャンボ 10年間のデータ見て当選しやすい番号分析

NEWSポストセブン / 2012年5月16日 16時0分

 5月14日に1等・前後賞合わせて2億円が当たる「ドリームジャンボ」が発売された(1枚300円)。

 今年は1万円、500万円などの中間賞金の本数をなくす代わりに、1等の当せん本数を昨年の7倍に大幅アップ。億万長者を狙える宝くじとして、人気を集めそうだ。

 では、どんな数字を狙っていけばいいのだろうか。そこで、過去10年間のドリームジャンボの当せん番号を分析してみた。

 その方法は、1等の当せん番号の数字をケタごとに集計し、各ケタで最も多く出た数字を探し当てるという方法。そうしてはじき出されたのが「59組138396」だ。

 この数字は、いわばドリームジャンボで“当せんしやすい数字”を集めたもの。近い番号が売り場にあれば、購入しておくと、チャンスが広がるかもしれない。

※女性セブン2012年5月24日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング