コンビニやスーパーの缶詰を使って5分で作れるメシ&つまみ

NEWSポストセブン / 2012年5月12日 16時0分

写真

さんまのかば焼き缶で混ぜごはん

 女性セブン本誌で好評連載していたマンガ『澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。』のレシピや、毎日の料理をよりおいしくするヒントを紹介します。

 * * *
 壱吾のママ・翠香さんは料理が苦手。経営するスナックで出す料理を光に教わろうとします。缶詰を使ったアレンジ料理なら失敗しようがないはずが、何事にもおおらかな性格が災いし…。控えめな味つけと途中の味見を怠らなければ、皆さんならきっと大丈夫(!?)なはずのレシピです。

【1】さんまのかば焼き缶で混ぜごはん
温かいごはんに、ほぐしたさんまのかば焼き、しょうがのみじん切りを混ぜ合わせて器に盛る。好みで紅しょうがをのせる。

【2】ほたて缶でアボカドボート
アボカドは半分に切って、種を取る。ほたてにおろししょうが、長ねぎのみじん切り、ポン酢、豆板醤を混ぜ合わせ、アボカドの穴に盛る。

【3】さば水煮缶で巣ごもり卵ポン酢
器にキャベツのせん切り、手で食べやすい大きさにほぐしたさばを盛り、中央に卵黄をのせ、ごまをふる。ポン酢をかけて食べる。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング