珍品収集男 一番の自慢の品は「3階から落ちて死んだアリ」

NEWSポストセブン / 2012年5月18日 7時0分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(56歳)が私鉄勤務の奥様(55歳)。ご主人は動物に関する珍品を数多く集めています。

 * * *
 小さなプラスチックケースにひとつずつ入れて書斎に置いてるんですけど、ワケのわかんない物ばかりなんです。

「マンションの3階から落ちて死んだアリ」は、主人の説明によると、「アリは体が軽いから、落下スピードが上がらず、風に吹かれたりして地面に着地する時の衝撃が小さく、落ちても死なないんだよ。実際に実験で30匹落としたら、29匹は死ななかったのに、この1匹だけ死んだ。そんな珍しく体力のないアリがこれなんだ」。

 知人から譲り受けたらしいんですが、同じくその知人からで、「1000羽の雀の涙」というのもあります。小ビンに1ccほどの液体が入ってるんです。

「非常にわずかなことを『雀の涙』というように、雀はほとんど涙を流さない。1000羽でやっとこれだけ集めたという労作であり、貴重品だ」

 先日は、中国に旅行してきたというその知人から、また貰い物をしてきました。1センチぐらいの黒ずんだ干し肉のような物です。

「何だと思う? パンダのオチンチンだよ。大きな体なのに、こんなに小さいんだなあ。このパンダの名前って珍々だったりして。それにしても、オレって珍品に縁があるなあ」って、アナタ、ご機嫌なのはわかるけど、いい加減、騙されるのはやめて!

※週刊ポスト2012年5月25日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング