話題のあびる優美人母 山P母や矢沢永吉妻と食事することも

NEWSポストセブン / 2012年5月20日 7時0分

 いま、“美人すぎるママ”として注目されている、あびる優(25才)の母・貴美子さん(53才)。4月3日放送の『中居正広の怪しい噂の集まる図書館』(テレビ朝日系)に出演し、中居ら出演陣から「とても53才には見えない」と絶賛されたほどの美貌の持ち主だ。

 貴美子さんは1983年、歯科医師と結婚し、女優の道を捨てて専業主婦に。次女のあびるを含め、1男2女をもうけた。

 現在、あびるの姉には男児がいるので、貴美子さんはすでに“おばあちゃん”というから驚きだ。

 そんな貴美子さんだが、母親としては独特な子育てをしていた。お手伝いさんがいたために、家事はまったくしなかったというが、しつけには厳しかった。

 特に言葉づかいは徹底して注意したという。たとえば、「じゃん」という言葉はNG。あびるが「あぁ、あれ、あったじゃん?」というと、「きちんと“あれがあったじゃない? そういえばあれはどうしたの?”と会話しなさい」と教えられたとか。

 厳しく育てられたはずのあびるだが、ブレイクのきっかけが、毒舌キャラだったことは、貴美子さんとしては、大きな誤算だったのかもしれない。

 そんな貴美子さんは、2002年に夫と離婚している。

「旦那さんは歯科医を開業するかたわら金融関係の仕事をしていたんですが、返済をめぐってトラブルを起こしてしまったそうなんです。貴美子さんは子供の将来を考えて離婚したといってました」(貴美子さんの知人)

 いまは都内のマンションで独り暮らしをする貴美子さん。冒頭のように友人と飲みに行くことも多いようだが、こんな豪華な人たちとも交友があるという。

「あびるちゃんの元カレ・山Pのお母さん、矢沢永吉さんの奥さんと一緒に食事会をしているそうです。食事の後には、六本木のバーなどに繰り出すこともあるみたい」(前出・知人)

※女性セブン2012年5月31日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング