やくみつる 披露宴で江川卓からワイン講釈を賜り嫌悪感飛ぶ

NEWSポストセブン / 2012年5月25日 7時0分

 1991年の連載開始以来、やくみつるが毎週、有名・無名の人々を斬り続けてきた週刊ポストの連載『マナ板紳士録』が、このたび1000回を迎えた。そこで今回はやく氏、ここ20年の破天荒エピソードを6つ紹介しよう。

■1992年12月
 アマゾン川昆虫採集クルーズ。船上で麻雀に興ずる。メネラウスモルフォ他採集。

■1995年11月
 フジ『ハンマープライス』に出演。蒐集品の著名人の煙草の吸い殻を何点か出品し、番組開始以来の最低落札額を更新する(確か300円くらい? 注・正しくは150円)。

■1997年9月
 舞の海関結婚披露で江川卓氏と同じテーブルに。ワインの講釈を賜わり、積年の嫌悪感、イッキに吹っ飛ぶ。

■2000年2月
 トンガ王国ファファ島で、周囲に誰もいないのを見計らい、自身の貝殻ヌード撮影敢行。

■2005年2月
 極寒のシベリア・オイミヤコン村へ。零下57度を体感。バナナで釘が打てるか、零下50度超で立ち小便は可能か等の実験を敢行。

■2008年3月
 インドネシア・コモド島。コモドドラゴンを観察中、目が合ってしまい猛然と追いかけられ、近隣の民家へ逃げ込む。

※週刊ポスト2012年6月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング