中田有紀アナに「40代、50代の熟した姿見たい」とラブコール

NEWSポストセブン / 2012年6月8日 16時0分

 昨今、若い女子アナがチヤホヤされがちであるが、「完熟」アナの色香は健在だ。有働由美子アナや膳場貴子アナ、西山喜久恵アナのように、20代の頃から人気者だったアナがいる一方、三十路を過ぎて台頭してきた「大器晩成型」もいる。

 今、注目度急上昇中なのが、『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系)のキャスターとして人気の望月理恵アナ(40)だ。番組では「もっちー」の愛称で親しまれている。

「かつてはラジオを中心に活躍していたが、“ビジュアルもいいのにもったいない”と、ここ数年はテレビ出演が増えている。白い肌も、パッチリした目元も、とても40代とは思えない。スタッフの間では、“これこそ美魔女ってヤツだな”なんてネタにしています」(「ズムサタ」スタッフ)

 望月と同じ事務所の中田有紀アナ(39)も、年齢を感じさせないクール・ビューティ。ファンの間では「40代、50代と熟してからの彼女が見たい」とラブコールがあがる。

 若いから美しいわけではない。「若けりゃいい」という男ばかりではない。彼女たちの熟れた魅力はまだまだこれから輝きを増すに違いない。

※週刊ポスト2012年6月15日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング