スポーツによる前十字靭帯断裂 40~50歳代の発症増えている

NEWSポストセブン / 2012年6月10日 7時0分

 膝関節には前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4つがあり関節を安定させる役割を担っている。前十字靭帯と後十字靭帯は関節包の中で、周囲は関節液に満たされ、例えると水槽の中で天井と床を結んでいる状態のため、通常断裂すると元通りに繋がることはない。

 ジャンプの着地やステップを切る時などに膝が内側に入ると断裂することが多い。その瞬間「ブツッ」と断裂音や膝が外れたように感じることが多く、痛みを伴い徐々に膝が腫れて曲げ伸ばしができにくくなる。急性期を過ぎると痛みや腫れが引いたりするので、治ったと自己判断して治療を受けない人もいる。

 順天堂大学医学部附属病院整形外科・スポーツ診療科の池田浩先任准教授に聞いた。

「前十字靭帯断裂はアスリートだけでなく、一般の方がスポーツをした時にも起こります。特に20代に多く年とともに減少しますが、スポーツ人口の高齢化に伴い40~50歳代での発症も増えています」

 スポーツ復帰の希望や、建設業など足元の不安定な現場で働く場合は、靭帯を治す必要がある。靭帯断裂のままで現場に復帰すると、膝が何度も外れるために、半月板や軟骨といった膝のクッションの役割をする組織が高い確率で傷つく。

 半月板は一部、軟骨に至ってはまったく血流がなく、一度傷つくと修復は期待できないため、日常生活にも支障をきたすようになる。スポーツや足元不安定な職場復帰を希望する場合は、手術による靭帯再建を実施する必要がある。

(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2012年6月15日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング