菊地直子が着ていた服 問い合わせ殺到の心理を女性作家考察

NEWSポストセブン / 2012年6月9日 16時0分

 逮捕された菊地直子容疑者が着ていたトレーナーからは、はっきりとブランド名が読み取れた。毎月1枚ずつ、違ったデザインが届けられる通販シリーズ。そして、その通販会社には問い合わせが相次ぎ、同社は困惑しているという。元オウムの容疑者が着ていた服を欲しい、ということ? その心理を作家で『五感のチカラ』著者である山下柚実氏が考察する。
 
 * * *
 元オウムの菊地直子容疑者が逮捕されたというニュースが、波紋を広げています。何と言っても驚いたのは、「別人」としか思えない容姿の激変ぶり。公開捜査のねらいなのか、「全身写真」の発表にも驚かされました。

「菊地容疑者が着ているトレーナー」は、はっきりと「SUNNY CLOUDS」の文字が読みとれる。買ったことがある人なら、すぐわかる。毎月1 枚ずつ、デザインを変えたものが届けられる、フェリシモの通販シリーズです。

 何を隠そう、私もかつて「SUNNY CLOUDS」シリーズを注文したことがある一人。自分が注文した商品の「雰囲気」「テイスト」だけはわかっても、毎月、実際にどんなデザイン・色の服が届くのかは、おまかせ。

 届くモノがわからないからこそ面白い、一ひねりある通販システムでした。自分がお金を払っているのに、まるで「プレゼントが届く」ようなワクワク感、楽しさがありました。

 菊地容疑者も、緊迫した逃亡生活の中で、ささやかな「ワクワク感」を味わっていたのでしょうか? もちろん自分で注文したのではなく、どこかで古着として買った可能性もありますが……。

 さらに驚かされたこと。それは、「ブランド名がはっきり読み取れることから、兵庫県神戸市の衣料通信販売会社には問い合わせが相次ぎ、同社は困惑している」(「スポーツ報知」6月6日)という報道です。

 問い合わせをして、いったいどうするのでしょう? 元オウムの容疑者が着ていた服を欲しい、ということ? 重大犯罪に関与したとされる容疑者と同じ服を着たいの……? 「問い合わせが殺到した」ことの意味が、私にはなかなか理解できませんでした。

「犯罪を犯して逃げている容疑者の…」というコンテクスト(文脈)はまったく無視して、「SUNNY CLOUDS」のトレーナーだけが注目されているという、実に不思議な現象です。 

 世の中で話題になっているものにはとにかくアクセスしたい。何でもいいから、注目されているものを手に入れたい。犯罪に関係していようがいまいが、前後の文脈と無関係に、目立つ出来事やモノにアクセスし、出来事に「参加する」感覚を得たい……。「祭り」に参加するように? いわば、「主人公願望」をかなえたいという思考回路でしょうか。
 
  「世界一高い」と聞いて殺到する。「次は300年後にしか見られない」で熱狂する。「自分が応援しなきゃこの娘はダメだ」と思い込んで投票する。

 話題の出来事にすばやくアクセスし、物語に「参加しなければ」という思考回路が、想像以上に深く広範に根を張っているのでしょうか。どれくらいの多くの人々の中に浸透しているのか、私には見当がつきませんが。




【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング