原田マハの最新小説 「イメージは平成の女版・寅さんです」

NEWSポストセブン / 2012年6月17日 7時1分

〈丘えりか〉、通称おかえり。元・売れないアイドルにして現・売れないタレントの崖っぷちアラサー女子だ。唯一レギュラーを務める旅番組が打ち切られ、いざ脱ごうにも脱げるカラダのない彼女は、ひょんなことから新商売を始める。名付けて『旅屋おかえり』――わけあって旅をしたくともできない人の代わりに旅に出る〈旅代理業〉である。

 そんな『旅屋おかえり』(集英社)の著者・原田マハ氏自身、年間150日は旅路にある大の旅好きだ。内外の美術館に勤務経験を持つキュレーターでもあり、筆名はあのゴヤの名作に由来する。原田さんはこう語る。

「旅とアートなしには生きていけない、自称フーテンのマハ(笑い)。自分が旅することで誰かの役に立てるなら本当は私が旅屋をやりたいくらいで、イメージは平成の女版・寅さんです」

 先日、第25回山本周五郎賞を受賞した『楽園のカンヴァス』とは、それにしても趣の異なる作品だ。前作がルソーの幻の大作の真贋をめぐる美術サスペンスであるのに対し、本書の登場人物は〈元プロボクサー、いま社長〉こと「よろずやプロ」の〈萬鉄壁〉社長やえりかが旅先で出会う人々まで悪人不在で、笑いあり涙ありの人情劇が展開する。

「それこそ『楽園…』に“アートは大切な友達”というセリフがありますが、アートも人も美しいという意味ではそう遠くないはずなんですよね。うちは父が美術全集などのセールスマンをしていた関係で兄と私は絵本やマンガを読むように画集に親しみ、大人になってからは友達の家を訪ねるように美術館に行くのが、私の旅になりました」

 そして一たび旅に出れば必ず出会いがあり、2005年の初小説『カフーを待ちわびて』からして沖縄への一人旅が書かせた産物だった。

「民宿で『いいところさ~』と聞いた伊是名島に行ってみたら、浜でラブラドールと戯れる男性がいたんですね。犬好きの私は思わず声をかけ、名前を訊くと『カフー。島の言葉で幸福という意味だ』と。あの犬がもしシーサーとかポチだったら私はあの小説を書けなかったし、たぶん作家にもなっていない。人生つくづく度胸と直感と出会いです」

 氏のHPには「読むのに5~10分はかかります」と注意書きのついた長いプロフィールがあり、設立準備を一から手がけた森美術館を開館目前に辞め、フリーになった経緯など、大胆すぎる決断の数々が並ぶ。

「実は山本賞の発表前日が森稔会長のお別れの会で、会長にはMoMAで貴重な経験をさせていただいたり、本当にお世話になったんですが、そのままキャリアに安住するのに違和感があり、退職しました。『明日』がある、どうにかなるだろうと。その結果この本が仕上がりました、と遺影に受賞作を捧げてきました」

 端緒は落とし物にあった。黒石名物・つゆ焼きそばのロケ中、番組スポンサーの「江戸ソース」を競合社の「エゾソース」と言い間違える痛恨の凡ミスを犯したえりかは、番組終了を惜しむ一部ファンの手紙を読み耽るあまり、社長がデビューの記念に買ってくれたヴィトンを全財産3000円ごと電車に忘れたのだ。

 土曜の朝に何気なく見てしまう人も多かった旅番組は週1本のギャラが30万、月120万の減収に所属タレント約1名の弱小プロはたちまち行き詰まり、そんな矢先、事務所を訪れたのが華道・鵜野流の家元夫人だった。

 夫人はある難病で入院中の娘〈真与〉が唯一楽しみにしていた旅番組のレポーターが慌てて電車を降りる現場に遭遇、荷物を届けてくれた上でこう頭を下げたのだ。〈旅をしていただけませんでしょうか。わたくしの娘の代わりに〉

 夫〈鵜野華伝〉氏は娘を次期家元として厳しく育てる一方、よく親子で旅をしては美しいもの、一流のものを見せようとしたという。だがその期待に応えられなくなった娘は延命を拒み、母が望みを託したのが笑顔の旅人・おかえりだった。後日病院を訪ねると真与は父との最後の旅で雨に祟られ、逆に溝を深めることになった角館のしだれ桜を晴天の下で見てきて欲しいと言う。満開予定は数日後。旅屋は慣れない撮影機材を背負い、一人秋田を目指す。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2012年6月22日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング