元オウム鹿島とも子 食うため息子と日給6000円のビラ配りも

NEWSポストセブン / 2012年6月19日 7時0分

 菊地直子容疑者(40才)や高橋克也容疑者(54才)の逮捕など、にわかに注目を集めているオウム騒動。オウム関連の事件で、世間を賑わせたひとつに1994年の「元ダンサー長女監禁事件」が挙げられる。元ダンサーとは、日劇のトップダンサーで、タレントとしても活躍していた鹿島とも子(61才)のことだ。

 鹿島は1982年に仕事先でスノーモービルの転落事故にあい、脊髄を損傷。ダンサー生命を絶たれた精神的なショックや娘の非行から、次第にオウムに惹かれていくようになる。1992年に夫と離婚。1994年に出家会見を行うなど、教団の広告塔的な役割を果たしてきた。

 しかし「実の娘を逮捕・監禁した」として1995年5月に逮捕され、懲役2年執行猶予4年の判決を受けた。東京拘置所を出所後、2000年ころからは芸能活動にも復帰。当時、『女性セブン』が行ったインタビューで、鹿島はマインドコントロール体験についてこう明かしている。

「自分では真面目に生活してきたつもりでした。でも、気がついたら留置場にいて、マスコミからは“鬼母”と呼ばれてしまった。どういうふうに死のうかと、そんなことばかり考えていました」

 報道で、オウム教団に拉致された彼女の実の娘が、薬物注射を受けていたことを知って目が覚めたのだという。出所後は、小学生だった長男とふたりで再起にかけたが、世間の風当たりは予想以上に厳しかったようだ。

「不動産屋さんでいい物件を見つけても、翌日もう一度行ってみると、先客がいて、もう決まってしまいましたと断られる。私が鹿島とも子だとわかって、敬遠されたんだと思います」(同インタビューより)

 仕事もなく、食べていくために息子と2人で日給6000円のビラ配りをしたこともあった。

 鹿島はいま、都内の家賃5万4000円のアパートでひとり暮らし。最近は1982年の事故の後遺症か、左膝の状態が悪化し、杖を手放せなくなっているという。獄につながれ、刑期を終えたいまも、彼女は深い闇の中でもがき続けているようだ。

※女性セブン2012年6月28日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング