ホリエモン 塀の中で2ちゃんねるの先行きを気にかける

NEWSポストセブン / 2012年6月18日 7時0分

 ビートたけし、櫻井よしこ、勝谷誠彦など錚々たる論客が寄稿する『メルマガNEWSポストセブン』では、現在服役中のホリエモンこと堀江貴文氏も執筆陣の1人。ホリエモン本人がリコメンドするガジェットコーナーと、担当編集S氏が明かす獄中近況記を毎号掲載している。6月15日配信の19号から、その一部を紹介しよう。

 * * *
 こんにちは。『堀江貴文のブログでは言えない話』担当の編集Sです。長野刑務所での堀江の近況をお伝えしますね。

 堀江が、最近とくに気にかけていることといえば、新聞が騒ぎまくっている2ちゃんねる問題。堀江のメルマガにも寄稿いただいているITジャーナリスト佐々木俊尚さんが面会に来て下さった時も、お二人はこの話題で盛り上がっていました。

 堀江が「読売新聞が書きまくっているからね。本当に睨まれると怖いよね。もう海外に行って、そのまま帰って来ないほうがいいんじゃね?」と、ひろゆきさんを心配すれば、佐々木さんも「記者クラブメディアがあれだけ集中砲火するってことは、何かある感じではある」と、おっしゃっていたので、何やら緊迫しているようす…。

 ちなみにこのお三方、堀江が収監される直前、ひろゆきさんと佐々木さんのご自宅にお邪魔し、食事を振る舞ってもらったという、フレンドリーな間柄だったりします。だからこそ、ひろゆきさんのことを二人は心配しているようなのです。

※メルマガNEWSポストセブン19号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング