ビートたけし指摘「田中直紀前防衛相は最強のスパイ対策?」

NEWSポストセブン / 2012年6月19日 7時0分

『メルマガNEWSポストセブン』では、ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子など、各分野の論客が、毎号書き下ろしの時事批評を寄稿する。6月15日に配信された19号では、ビートたけし氏が“スパイ”について語る。

 * * *
 中国大使館の一等書記官がスパイだったって事件があったね。これを機に「ニッポンはスパイ天国だ」「インテリジェンスに関する意識が低い」と猛批判されてるけど、オイラは違うと思うね。

 だってある意味、ニッポンほどスパイにとってやりづらい国はないよ。

 普通、国家の最高機密を握っているのは国家元首だし、国防だったら防衛大臣なわけで、スパイとしてもそこを狙うのが当然だろうけど、この国の場合全くそうじゃねェもんな。

 ロシアや中国のスパイが「ニッポンの防衛の最高機密を盗もう」っていうんで、前の防衛大臣の田中直紀さんをマークしたところで、おそらく何にも出てこないぞ(笑い)。逆に「機密って何?」「どの情報が重要なんだ?」って質問されちゃうんじゃないかってね。

※メルマガNEWSポストセブン19号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング