「俺ら自家発電する」に母「男って電力作る能力あるんだ!」

NEWSポストセブン / 2012年6月21日 16時1分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、OA機器メーカー勤務のご主人(45歳)。奥様(45歳)との間には大学生と高校生の息子さんがいます。

 * * *
「コンセントを抜きなさい! 入れっぱなしにしておくと、待機電力といって電気代がかかるのよ」「クーラーの温度設定を下げ過ぎよ」などと、日頃から息子たちに節電を口うるさくいっている女房です。

 その女房が家族揃った食卓で息子たちに「ふたりとも電気を使ってばかりいないで作りなさいよ」。息子たちはキョトンとした表情です。「夕方、買い物に行く途中で、若い男の子が会話してたのよ。『太陽光発電とかいってるけど、オレたちも自家発電してるもんな』『そうだよ、電力会社に買ってもらいたいよ』って。男の子って電力を作る能力があるって、初めて知ったわ。ふたりとも頑張って自家発電してよ!」

 天然ボケ女房だとは思っていたけど、これほどまでだったとは! 幸い、息子たちは自家発電の意味はわからず、首をかしげながら自分の部屋に戻ったので、女房に「バカ! 自家発電っていうのはマスターベーションのことだぞ!」と注意すると、「ウソ~ッ! マスターベーションで電気が作れるんだ」って、どこまで天然なんだよ!

「でもさぁ、そういう言葉を聞くと、ムラムラしない?」って、しないよ! 「いいわよ、今夜は久しぶりにカモン!」って、行かないから!

※週刊ポスト2012年6月29日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング