質問サイトの「釣り質問」の見分け方をネット編集者が伝授

NEWSポストセブン / 2012年6月20日 7時0分

『メルマガNEWSポストセブン』では、『ウェブはバカと暇人のもの』の著者としても知られるネット編集者の中川淳一郎氏が、その週にネットで話題になったニュースのツボを解説している。6月15日配信の19号でも、

「ブームの『ノマド』 一気にうさんくさくなる」
「片山さつき議員『ハム速を守ろう!』発言をする」
「あまりにワガママかつ勘違いの無職が大人気に」

など、その週にネット上で起きた様々な事件を紹介しているこのコーナー。なかでも今週「もっともネット的」とでもいうべきネタが、「発言小町で大炎上案件発生 『準備中』の札のある店に2時間居座った後店主に帰れと言われ『私はお客様』」という事件だ。

 * * *
 読売新聞が運営する掲示板「発言小町」といえば、OLや主婦の皆様方が、たいへんユニークな質問を書いては、それに対して真摯に答えたり、時にビシッと諭す光景が毎日のように展開される、まさに「日本の日常」が描かれた優秀な掲示板であります。

 この掲示板に6月2日、「こちらはお客様なのにそんなに失礼でしたか?」と題されたトピックスが立ちましたが、これが炎上したのですね。

 34歳の女性トピ主様は、夜9時頃とある定食屋(過去に訪問済み)に行ったのですが、すでに「準備中」の札がついていました。しかし、「まだいいでしょ」とマスターに言ったところ快諾してもらえたため、11時過ぎまで居座ったそうです。そこでマスターから「もう11時も過ぎたし、そろそろ閉店したいんだけど…」と言われたようなのですが、トピ主様はこう思ったそうです。

「こちらはお客様です。たとえ閉店後でもお客様が来てくれたら対応して当然だと思うのです。11時なんて特に遅い時間でもありません。そんなに失礼なことでしょうか?」

 これに対し、500件を超える意見が書き込まれ、大多数はトピ主様の非常識っぷりを非難するものでした。

 しかし、これ、私は「釣り」だと思うんですよね。この手のものって、わざと自らの非常識っぷりをアピールし、正当性を主張し、相手を批判するというパターンが王道なのですが、過去にも「中学2年生で、1か月のお小遣いが5万円ってどう思いますか?? ヴィトンとかコーチのブランド物のバック1つ買ったら、これくらいすぐになくなっちゃいます。おかげで、欲しいものが全然買えません」と書いたバカが過去にいましたが、これも間違いなく釣りでしょう。

 こうした「非常識アピール」の方々は、あなたが「キーッ! こんなふざけたヤツには喝を入れてやる!」と頭から湯気を出して怒っている様を想像し、「ウヒヒヒヒ」とほくそ笑む趣味の悪い方々です。

 ぜひともこのような「釣り」にはひっかからないでくださいね。

※参考ページ
こちらはお客様なのにそんなに失礼でしたか?『発言小町』

※メルマガNEWSポストセブン19号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング