小沢一郎氏 妻の「手紙」公開で求心力低下、選挙危ぶむ声も

NEWSポストセブン / 2012年6月22日 7時0分

 小沢一郎衆議院議員(70才)の妻・和子さん(67才)が支援者に宛てて書いたとされる手紙が6月21日号の『週刊文春』で公開された。そこには夫への非難と離婚に至る経緯が綴られている。

 ふたりが結婚したのは1973年10月、初当選4年後のこと。小沢氏の師である故・田中角栄元首相が進めた縁談だった。和子さんは田中氏の後援会の大幹部の娘だったため、いわば政略結婚だったという。結婚後は、まだ新人議員だった夫の選挙活動を支えるため、和子さんが地元の岩手・水沢市(現・奥州市)を奔走した。

 そんな和子さんを失ってしまう小沢氏。今後はどんな影響があるのだろうか。事情を知る政治ジャーナリストはこう話す。

「もともと小沢さんは地元に帰らない政治家ですから、これで和子さんが離れてしまったら地元はガタガタでしょう。小沢さんは消費税増税法案に反対していますが、法案は野党の協力によって成立すると見られ、小沢さんの求心力低下は避けられません。早ければ年内に選挙があるといわれるなか、和子さん不在の影響は小さくないはずです」

※女性セブン2012年7月5日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング