金子哲雄氏 「ぽっちゃりでもカワイイ」認知されてきたと分析

NEWSポストセブン / 2012年6月26日 16時0分

『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などでわかりやすい解説でお馴染みの流通ジャーナリスト金子哲雄氏。渡辺直美、アジアン・馬場園梓など、ぽっちゃりタレントの人気を受けて、ぽちゃカワファッションを特集した女性セブン6月14日号について解説する。

 * * *
 世の中、やせている人よりぽっちゃりめの人の方が多いわけです。なのに、ぽっちゃりファッションの指南書は少ない。大きめ専門ブランドはあっても、ファッション誌がそのコーディネートを特集することは少ないですよね。

 そんな中、森三中さんなど太めタレントのファッションが注目されたり、こうしてセブンに「ぽちゃカワ」が7ページ特集されたということは、「ぽっちゃりでもカワイイ」の価値観が社会的に認知されてきたことを示しています。   世界的なファッション誌『VOGUE』が、やせすぎのモデルを使わないと発表しましたが、やせすぎは不健康という認識が徐々に広まりつつあります。

 セブンはダイエット記事も多いけれども、ありのままの私を大事にしようという意識が、読者にも高まっているように思います。ぽちゃカワは行きすぎたダイエットへのカウンターパンチでもあるんですね。

※女性セブン2012年7月5日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング