自動車好きは合コン下手との調査結果 克服方法を専門家伝授

NEWSポストセブン / 2012年6月30日 7時0分

合コンでの振る舞いと好きな企業ブランドに相関性はあるのか――そんな調査結果が株式会社コムニコと株式会社ライフメディアから発表された。両社はFacebookの利用者2万3633人を対象に、「どの企業ページのファンであるか」(どのページの「いいね」ボタンを押しているか)と、「あなたの合コンでのタイプは?」を聞いた。

その結果、「カールスバーグ」が好きな人は合コン上手で、「ルノー・ジャポン」が好きな人は合コンが不得手とデータ上では結果が出た。

 同社が発表した“「あなたの合コンでのタイプは?」別ファンになっているブランド/企業サイト”は偏差値順にトップ3が並んでいるが、たとえば「盛り上げタイプ」の1位は「FILA JAPAN」で2位が「カールスバーグ」、3位が「Table of Dreams ~夢の食卓~」(BSフジ)となっている。

「一人に狙いを定めるタイプ」という最も合コン慣れしたタイプの1位は「カールスバーグ」で2位は「フォード・ジャパン」で3位が「Suntory Whisky」だ。「カールスバーグ」が好きな人は「幹事タイプ」「いじられ役」でも3位となるなど人気者の傾向があるようだ。

 一方、「合コンが苦手なタイプ」の1位は「ルノー・ジャポン」で2位は「LUCIDO」、3位が「シトロエン」となった。そして、合コンが不得手な人の特徴である「空回りタイプ」の1位も「ルノー・ジャポン」、2位は「FILA  JAPAN」、3位は「フォード・ジャパン」となった。「私はただの数合わせ」というあまりに自虐的な分析をしている人の1位は「Alfa Romeo Japan」、2位は「LUCIDO」、3位はまたもや「ルノー・ジャポン」が入った。

 FILA JAPANが好きな人は「盛り上げタイプ」では1位だったが、「空回りタイプ」では2位に入るという“努力が実らない”タイプなようだ。また、「いじられ役」のトップ3は「Suntory Whisky」「ソウル マッコリ」「カールスバーグ」となっており、酒が好きな人は合コンの席でいじられやすい傾向にあるとの結果になった。

 全般的に自動車好きな人は合コンが不得手のようだが、この結果について、かつて雑誌『POPEYE』で経験した合コンを報告する連載を行っていた「合コンGメン99」(年間合コン回数99回を目指す集団)メンバーの“野宿刑事(のじゅくデカ)”氏はこう分析する。

「自動車が好きな人は個人でいることを望む傾向があります。あと、合コンは連携プレーや協調性が求められますが、自分でハンドリングすることに長けている自動車好きの方々は、合コンに流れる『仲間のお約束』的なものが苦手なのでしょう。私たち合コンGメンのメンバーでも、主力メンバーは誰も車に乗っていませんでしたよ。あと、車好きな人には酒を飲まないから車を思いっきり楽しんでいる人も多いでしょう。これも影響しているかもしれません」

 また、野宿刑事氏に自動車好きな方が合コンを楽しむにはどうすればいいかを聞いたところ、こうアドバイスをくれた。

「別に合コンって盛り上げ役だけが求められるワケでもないので、まずは『自分は合コンが苦手だ』と思いこまないでください。大抵の場合、男の側は全員知り合い、女の側も全員知り合い、という状況で合コンは行われます。普段通りの役割をこなせばいいんです。普段、同性同士の時に笑って話を聞いている人はそのままでいい。結果合コンが失敗しても『男同士(女同士)の思い出作りができた』と考えればそれでいいんです」



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング