ホリエモン 増税に提言「同時に所得・法人減税を実施しろ」

NEWSポストセブン / 2012年7月4日 7時0分

 ビートたけし、櫻井よしこ、勝谷誠彦など錚々たる論客が寄稿する『メルマガNEWSポストセブン』では、現在服役中のホリエモンこと堀江貴文氏も執筆陣の1人。ホリエモン本人がリコメンドするガジェットコーナーと、担当編集S氏が明かす獄中近況記を毎号掲載している。6月29日配信の21号から、その一部を紹介しよう。

 * * *
 こんにちは。『堀江貴文のブログでは言えない話』担当の編集Sです。長野刑務所での堀江の近況をお伝えしますね。

 いきなりですが、山下清画伯を御存知でしょうか? フジテレビのドラマ『裸の大将』で昔は芦屋雁之助さん、今はドランクドラゴンの塚地武雅さんが演じる孤高の画家なのですが、今の堀江はまさにそんな風貌であります(笑)。

 そんな堀江画伯ですが、世間の大関心事である消費税増税法案についてこんなことを言っておりました。マスコミはこぞって、低所得者ほど収入に対する食料品などの生活必需品購入費の割合が高くなり、高所得者よりも税負担率が大きくなるという「逆進性」を強調しておりますが、御大はそこに違和感を抱いているようす。

 というのも「最近はデフレで物価も下がっているので、5%アップぐらいの増税は気にならないし、慣れる。ただし、直間比率の見直しが大前提。消費増税とセットで所得・法人減税を実施すべし」と言っているからであります。

 消費税のアップに関しては反対という立場ではないようですね。政府が思い切った動きをしたついで、というわけではないでしょうが、御大が願っていることが3つあるようです。それが「道州制移管」、「管業民営化推進」、「ネット選挙」の解禁です。グローバル化時代に合った国づくりを、ということなのでしょうか。

※メルマガNEWSポストセブン21号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング