第3回目のフレーバー選挙 候補のヨーグルトを一足先に試食

NEWSポストセブン / 2012年7月5日 16時0分

写真

候補は「アセロラ&ベリーミックス」「バナナ&オレンジ」「ローズヒップ&洋ナシ」の3フレーバー

 時間のない朝に健康と美容に良くて、しかもパッケージを開けるだけで食べられるヨーグルトは、朝食にぴったりのメニュー。

「マイ朝(毎朝)リズム」がキャッチフレーズの『ダノンビオ』ヨーグルトは、多くのフレーバーがあるだけでなく、4個パックのアイテムで「ラズベリーミックス2個+キウイ2個」「白桃2個+マンゴー2個」などの“お気に入りのフレーバーでも、毎日だったら変化をつけたい”“ちょっとずつ、いろんなフレーバーを食べたい”という女性の心理にフィットしたセットも。

 また、フタをめくると「なめた?」「超!大吉!!」などのメッセージがプリントされていて、そのバリエーションの多さから、フタ裏画像のまとめサイトが存在するなど、遊び心でも人気がある。

 その『ダノンビオ』が2010年から開催している、一般投票でNo.1フルーツフレーバーを決めて商品化する『ダノンビオ選挙』を8月6日まで開催。

 第3回目となる今年の候補フルーツフレーバーは、「アセロラ&ベリーミックス」「バナナ&オレンジ」「ローズヒップ&洋ナシ」の3つで、PCやスマホからキャンペーンサイトにアクセスして投票すると、抽選で600名に総額100万円の「Amazonギフト券」が当たるプレゼントキャンペーンも展開している。

 3つの候補フレーバーは、組合せを見るだけでも“これ食べてみたい!”とイメージできそうな候補が並んでいるが、7月9~16日東京・青山の「ロイヤルガーデンカフェ」で試食可能な『第3回ダノンビオ Tasting Event』を初開催。こちらの会場ではテイスティングができるだけでなく、専用アンケートに回答すると「ロイヤルガーデンカフェ」の割引チケット(100円)がもらえるという。

 このイベントで試食できる候補フレーバー「アセロラ&ベリーミックス」「バナナ&オレンジ」「ローズヒップ&洋ナシ」の『ダノンビオ』を特別に入手。ヨーグルトフリークを自認するライターSと料理好きなサイト編集Kの2人が、一足お先にテイスティングしてみた。

S:「私、元々このシリーズの『ワイルドブルーベリー2個+ストロベリー2個』を常備しています!」

K:「じゃあ馴染みのベリー系からということで、『アセロラ&ベリーミックス』から試しましょう。まずパッケージを開けた時の香りがいいね。これは朝から気分が上がりそう」

S:「アセロラとベリーの赤い組み合わせは、ビタミンフルーツというのもあるけど、肌に良さそう。定番のベリーにアセロラの酸味は、“スッキリ目が覚めそう”な味わいですね」

K:「果肉の食感もベリーだけと、ちょっと違っていいかも。この組み合わせは、女子は絶対好きだよね」

S:「うん。うん。絶対好きですね。アセロラって夏のイメージだし、天気の良い日に食べたい気分になりそう」

K:「じゃあ次は『バナナ&オレンジ』。そういえばバナナフレーバーのヨーグルトって、意外と少ないよね」

S:「この味、好き! バナナはエネルギーになるイメージだから、朝にぴったりですよね。年代問わず、みんな好きな味だと思う。オレンジの粒々感も、バナナの甘さをスッキリさせているし」

K:「オレンジとバナナのバランスがいいね。“バナナの粒も欲しい!”という人もいるかもしれないけど、このなめらかな甘みが、飽きがこない味だよね」

S:「個人的には、このフレーバーにシリアルを混ぜて食べてみたいです! そして最後は、『ローズヒップ&洋ナシ』ですね。1番スッキリしていて、“大人の味”の印象」

K:「私はローズヒップが好きだから、期待度が高かったけど……このローズヒップが後味にふわっと残るのが、かなりイイ♪」

S:「定番じゃないかもしれないけど、すごくコアなファンが多くなりそう。洋ナシの歯ごたえも、いいですよね?」

K:「うん。単体でもおいしいけど、コーヒーや紅茶なんかの渋みのある飲み物との相性も良さそう。甘いものが苦手な男性も、この味ならハマる気がする」



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング