杏 2億円の借金をしていた母親を個人事務所の社長にする

NEWSポストセブン / 2012年7月7日 7時0分

 まるでパリの一角にあるカジュアルレストランのような雰囲気のお店で、仲間たちと飲んでいた杏(26才)。

 その傍らには、彼女と瓜二つの年配の女性がグラス片手に上機嫌で酔っていた。2時間ほどお酒を楽しみ、その女性が会計を済ませて、ふたりは店を後にした。

 10年前、杏の父、渡辺謙(52才)が起こした離婚訴訟の中で明らかになった杏の母・A子さん(52才)の借金問題。彼女は知人など約50人から計2億円もの借金をしていた。結局、2005年3月に離婚裁判は謙の勝訴で決着、A子さんが求めていた財産分与は認められなかった。

 そのためか、A子さんは返済が滞り、借金取りに追われて、行方不明にといった報道が出たこともあった。今年1月には『週刊新潮』に、A子さんにお金を貸したという債権者たちが登場して、“裁判で支払い命令の判決を勝ち取ったにもかかわらず、一銭の返済も受けていない”と告白したりもしている。

 そのA子さんこそが、冒頭のシーンで杏の傍らにいた女性だ。

「A子さんは杏ちゃんが購入した都内の高級マンションで一緒に暮らしています。かつては赤坂や銀座でホステスをして返済するお金を稼いでいたようですが、いまは杏ちゃんの個人事務所の社長になっているんです。収入の乏しいA子さんのために、事務所の社長に据えることで給料を払うことができますからね」(芸能関係者)

※女性セブン2012年7月19日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング