1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

再就職経験あり&したい女性は83% 採用側の本音と面接対策

NEWSポストセブン / 2012年7月9日 7時0分

「夫のボーナスは減るばかり」と愚痴る人も多いだろうが、そんなときに頼りになるのが妻の収入。女性セブンの会員サイト『セブンズクラブ』が、“これまでに再就職活動(職を離れてからの  再就職。派遣・パート・アルバイトを含む)を  したことがありますか?”と、アンケートを実施した。

 その結果、「したことがある」が72%で、「したことはないが、いずれしたい」が11%、「したことがなく、してみたいと思わない」は17%になり、83%の女性が再就職の経験がある、または興味があることが分かった。

 マザーズハローワーク東京の田口貴代さんは次のようにいう。

「徐々に雇用失業情勢は回復してきており、東京都では3月に求人倍率が1倍になりました。しかし、求人によっては、1人の募集に十数人の応募があることも珍しくありません」

 報酬のいい仕事や人気の職種は倍率が高いのは当たり前。そうなると就職試験もふるいにかけるためのものになる。ハナマルキャリアコンサルタントの上田晶美さんもこのように話す。

「結婚や子育てで仕事にブランクがあると、私なんか…とか、何でもやります…と、つい自分を低く見てしまいがち。就職で成功するには戦略が大切です」

 就職試験では何がチェックされているのか、どう自分をアピールしたらいいのか、探っていこう。採用担当者たちは次のように語る。

「電話での問い合わせの際に、何才ですか?と聞くといいよどむ人が多い。年齢制限にこだわらず、意欲をきちんと伝えて面接にこぎつけることがスタート地点」「友達としゃべる感覚で話すのはもってのほか。きちんと仕事モードに切り替えてほしい」

 電話をかけた時から、企業側のチェックは始まっていることをしっかり意識したい。

 約束の時間では、「遅刻してきた時点で会う気がなくなる」「女性は道に迷ったという人が多いが、いい訳にならない」という声も。

 採用担当者の本音を集めてみると、すっかり忘れてしまっていたビジネスマナーや社会人として当たり前のふるまいが問題になっているのがわかった。書類選考や面接でチェックされる履歴書や職務経歴書は、「誤字が1つでもあったらダメ」「字が薄い、小さい人は消極的な印象」「顔写真の表情が暗い、怖いのは選ばない」という声が。

 そして、最大関門の面接には多くの厳しい意見が…。「挨拶の声が小さい、表情が暗い人」「汗をふくハンカチが汚かったり、キャラクターものだったりすると、がっかり」「恥ずかしがっているのか、絶えず口に手を当てたり、髪をいじりながら話すのは印象が悪い」「えーと、を何度も繰り返されるとイライラする」「目を見て話さない人は×」「髪が傷んでボサボサ」「アルバイトやパートでも面接に普段着は失礼」など。思い当たる点がある人は、いますぐ改善しよう。

※女性セブン2012年7月19日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング