トマトの研究続ける白衣の29歳美女 やっぱり色白ツルツル肌

NEWSポストセブン / 2012年7月6日 7時0分

写真

カゴメ総合研究所 研究員/大亀友華さん

色白肌。すらりとした長身。着ている白衣からは理科系エリートの雰囲気がにじみ出ている。●●女子シリーズもいろいろだが、彼女はまさしく理系女子。万能すぎるパワーが次々に明らかになり、今年はトマト旋風が吹き荒れているが、入社以来、トマトの摂取と身体との関連を科学的な立場で研究し続けているのはカゴメ総合研究所の大亀友華さん(29歳)だ。

大亀さんはカゴメ総合研究所 自然健康研究部・バイオジェニクス研究グループの研究員。

「トマトの成分・リコピンを研究しています。リコピンは油に溶けやすい成分で、油分と一緒に摂ると身体への吸収がいいとか、生よりもトマトジュースを摂取したほうがより消化器での吸収が良く、内臓はもとより、さらに肌にも運ばれて蓄積されるといったことなどです。そして、このリコピンが内臓や肌の中でどのような働きをするのか、どうがんばってくれているのか。その作用が研究のテーマになります」

ふむふむ。毎日リコピンの効能などを研究しているわけですね。

「肌は紫外線、乾燥など、さまざまなストレスにさらされています。そういったストレスを放置しておくと、活性酸素が発生して、メラニンなどの『しみ』の原因ができてしまうんです。活性酸素というのは、皮膚中のコラーゲンを壊す働きもあります。そうするとシワの原因になったりしますね。リコピンには美白・美肌効果があることがわかってきていますが、そうしたお肌の老化を、リコピンがどうやって防いでいるかを解明する毎日です」

なるほど。大亀さんの話をきいていると、研究対象だけでなく、ご本人の美肌の秘密もリコピンのせいなのではないか、という気がしてくる。研究を日常生活のなかで活かしたりすることは?

「うーん、そうですね。肌がきれいだと言っていただくことはあります。そういうときには毎朝トマトジュースを飲んでいるからなのかな、と思ったりします」

思わず「やっぱり!」とつぶやいてしまった記者。大亀さんのお肌は、本当に透き通るくらい白く美しいのだ。二日酔いでよく肌荒れになる筆者とは大違いである。そういえば、お酒を飲むときに、トマトジュースを一緒に飲むといいという研究結果もあったな。

――ところで、お酒は飲まれますか?
「好きですね。特に日本酒が」

うわ、即答。しかも日本酒とは、なかなか飲めるクチ!?

――お酒を飲むときに、トマトジュースを一緒に飲むといいという話も聞いたんですが…。
「そうなんです。アルコールを飲む時にトマトジュースも一緒に飲むと、アルコールの吸収が緩やかになることがこれまでの研究で分かっています。でも私、二日酔いになったことがないので、その辺は実感したことはないんですよ……。すみませんっ」

涼やかな顔をして微笑む大亀さん。二日酔いになったことがないというが、きっと悪酔いもしたことがないのだろう。それがトマトジュースの効果なのかどうかは定かでないが、個人的にはお酒のときのリコピン効果よりも美肌効果のほうが実感、ということのようだ。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング