好き嫌いで仕事を選ぶより「まずは稼げ」と超大金持ちアニキ

NEWSポストセブン / 2012年7月10日 16時0分

 インドネシア・バリ島に住む「アニキ」こと丸尾孝俊氏(46歳)の元を訪れ、大富豪になる秘訣を知ろうとする人は今や年間800人。食うにも困るほど貧乏だったアニキは、日本からバリに渡り、いまや「試算することができないほどの資産」を持つ大富豪だ。

 アニキは不動産ディベロッパーとしていまや30社のオーナーで、かかえる従業員は5300人、自宅は25軒という世界レベルの大富豪だ。アニキはいかにして成功したのか。「金持ちになるとっておきの秘訣」を、直々に指南してもらった。

【ごっつい儲かる仕事を選べばええねん!】

 どうせ稼ぐなら、自分の好きなことを仕事にして稼ぎたいと誰しも思うだろう。特に若い世代では「自分にあう天職を見つけたい」という風潮が強く、会社をすぐに辞める若者が増えている。アニキにどう思うかを聞くと、こう即答。

「あのな、正直、『なにをいってるんかな?』と思うわ。『好き』『嫌い』で仕事を選んではアカンのや」

 じゃあ、どうやって仕事を選べばいいのか。

「『仕事=お金儲け』に置き換えてみるんやて。要するに『ごっついお金が儲かる仕事』を選択すればええんや。年収3000万円とか稼いじゃったら、ほとんどの人はその仕事を好きになっちゃうんじゃないか?」

 そういうものか。確かにたくさん儲ければ、儲けたお金で自分の好きなことは山ほどできる。

「お金を設けてしまったほうが早いってことやねん」

 ぐだぐだ考える前に、まずは稼げ。アニキは得意そうにこういうのであった。

※週刊ポスト2012年7月20・27日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング