観月ありさ&野久保直樹“お泊まり愛”再び 愛犬も預ける仲

NEWSポストセブン / 2012年7月12日 7時0分

 7月上旬の日暮れどき、ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』(フジテレビ系)の撮影を終えた観月ありさ(35才)は、トイプードルを連れて、都内をのんびりと散歩していた。

 その後、餃子専門店で男友達3人と合流すると、テラス席に座り、ビール片手に盛り上がっていた。結局、宴がお開きになったのは深夜12時過ぎのことだった。

 この飲み会を終えた観月が向かった先は、昨年11月に女性セブンが“お泊り愛”を報じた野久保直樹(31才)の自宅だった。

 タクシーから降りた観月は、犬を抱っこしたまま、人目を気にしてか、小走りで裏口からマンションへはいっていく。

 そして翌朝、お泊まりした観月を、野久保は自ら運転する車で、彼女の家まで送っていった。だがこの時、周囲の目を警戒してか、観月は助手席には座らず、後部座席で身をひそめていた。

 彼女を送り届けた野久保は、自宅に戻ると、今度はかわいい犬と一緒に散歩へ。ところが、よく見ると、その犬は、観月が昨日連れていたトイプードルのような気が…。

「実は、このトイプードルは、観月さんの愛犬なんです。彼女がドラマの撮影で忙しいときは、野久保さんに預かってもらっているんですよ。彼も観月さんの影響からか、犬を飼いたいと思っているそうで、彼女に教えられながら、トイプードルの面倒を見ているんです」(芸能関係者)

※女性セブン2012年7月26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング