LCCの落とし穴 荷物1個2100円や満2才から大人料金など

NEWSポストセブン / 2012年7月18日 16時0分

 3月に登場したピーチ・アビエーション(以下ピーチ)に続き、7月にはジェットスター・ジャパン(以下ジェットスター)が就航。さらに8月には、エアアジア・ジャパン(以下エアアジア)が参入し、いよいよ注目が集まるLCC(格安航空会社)。しかし、安さばかりに目を奪われると、意外な落とし穴もあるという。そのひとつが、さまざまなシーンで発生するオプション料金だ。旅行ジャーナリストの村田和子さんがこう解説する。

「例えばピーチの場合、手荷物を当日、空港カウンターで預け入れると1個につき2100円かかります。大手なら無料ですから、知らずにいると『福岡までの片道運賃が3590円なのに、2個の荷物代だけで4200円…』と後悔することになりかねません」

 他に座席指定も有料で1席につき数百円、機内でのドリンクも1缶150円程度かかってくる。また、小さな子供連れの旅行も要注意だ。

「大手なら満3才からが有料で大人運賃の約50%で利用できますが、LCCは満2才から大人と同じ料金です。しかもエアアジアはヒザに乗せた乳幼児にも1500円の料金がかかります。座席も狭いので乳幼児がいると大変かも」(村田さん)

 飛行機に搭乗する時刻にも気をつけたい。LCCの発着は、空港使用料が安い朝と夜の時間帯が多いのだ。航空・旅行ジャーナリストの緒方信一郎さんはこう話す。

「ジェットスターの成田発-大阪便は、午前6時5分に出発します。空港まで都心から電車で1時間以上かかることを考えると、アクセスできる人は少数です」

 一方で機内に乗り込むときは、少しでも遅れると置いていかれる可能性がある。

「コストカットのため、飛行機はピストン輸送をしています。空港に滞在する時間が短いので、搭乗時間にはシビア。大手は15分前搭乗ですが、LCCは30分前搭乗が原則。しかも容赦なく締め切ります。多忙なビジネスマンには不向きかもしれません」(村田さん)

 低価格の一方で、LCCは遅延や欠航の多さも指摘される。実際、ジェットスターは7月3日の就航初日に札幌―東京の最終便が欠航。乗客は近くのホテルに宿泊して翌朝便で帰京した。

「LCCは経費削減のため機材を必要最小限のカツカツにして飛ぶ。予備の機材などを積んでいないため、トラブルがあってもすぐに対応できず、遅延・欠航してしまうんです。後続フライトも“ドミノ倒し”のように影響します」 (緒方さん)

※女性セブン2012年7月26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング